飛天(ひてん)聖騎士(せいきし) アルトマイル/Aerial Divine Knight, Altmile》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:[あなたのGゾーンから裏の「飛天の聖騎士 アルトマイル」を1枚選び、表にする] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットは『【永】【(V)】:あなたの前列のユニットすべてのパワー+3000。』を得る。あなたのGゾーンに表のカードが2枚以上なら、山札からグレード2のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターン中、パワー+5000。

 討神魂撃で収録されたロイヤルパラディンGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時にGペルソナブラストで、『前列ユニットすべてにパワー+3000を与える永続能力』を得て、さらにGゾーンの表のカードが2枚以上なら、山札からグレード2のカードを1枚までスペリオルコールする自動能力を持つ。

 パワーの増加量は確実に要求シールド値が増やせるものではないが永続能力によってパワーを与えるので、追加効果スペリオルコールされたユニットも恩恵を受けることができる。
 《ナイト・オブ・ツインソード》等のバトルフェイズでのスペリオルコール手段を利用した疑似スタンドもサポートすることができる。

 Gゾーンの表のカードが2枚以上であれば山札からグレード2のカードスペリオルコールすることで前列要員の調達を行うことができる。
 《ハイドッグブリーダー アカネ》《てっくがる》等の能力を利用すれば後列要員の調達を行ったり、《変革の騎士 ピール》能力誘発も狙える。

 その他にも、《神聖竜 セイントブロー・ドラゴン》と同様に6〜7ターン目からでも無理なく使うことができる。
 尚且つGゾーンの表のカードを増やせるため、《青天の騎士 アルトマイル》等のジェネレーションブレイク(2)の早期有効化に利用しやすい。
 また、このカードが「アルトマイル」に属するグレード4のカードであることで、「アルトマイル」をハーツ化できない状況においてもこのカード超越することで、《風雅の騎士 ベニゼール》《変革の騎士 ピール》等の能力要件を満たし利用できるといった利点がある。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」では綺場シオンが使用するカード
    第40話で執事の岩倉から送られたカードである。
  • 「ギアースクライシス編」でも引き続き使用。
  • 「ストライドゲート編」でも引き続き使用。
  • 超越時の台詞は「飛翔無限! 遙かなる未来をこの手に! ストライド・ジェネレーション! 《飛天の聖騎士 アルトマイル》!」
    「ギアースクライシス編」では「今こそ刻め、新たなエピック! 我が望む世界を掴み取れ! ストライド・ザ・ジェネレーション! 《飛天の聖騎士 アルトマイル》!」
  • 3DS版「ストライド トゥ ビクトリー」でも、綺場シオンが使用している。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「超越共鳴(ストライド・フュージョン)」によって、未来における自身の可能性を、その身に降ろした「アルトマイル」の姿。仲間を失いかけたことで、己の弱気と不甲斐なさに対する感情が自身への「怒り」として爆発。「フェンリル」という脅威から仲間を守りたい、これ以上何も傷つけさせないという強い思いが、彼の未来と繋がって超越共鳴を引き起こした。その力は凄まじく、「ガブレード」ですら気圧された「ヴァナルガンド」の攻撃を易々と受け止めるほど。光り輝くその姿を見て、史実に残る「光の剣士」を連想した者もいるという。聖騎士は誓う。星を、世界を、国を――そして、「仲間」を守る。「未来」は、その誓いに応えるかのように、「現在」へと想いを託す。

【未来をまとう奇跡の力「超越共鳴(ストライド・フュージョン)」】
内乱の最中、アルトマイル、アーシャが引き起こした、「超越を超えた超越」の正式名称――それが「超越共鳴」。対象を呼びだすのではなく自分自身に降ろして力を得るという点が、通常の超越と大きく異なる部分である。本来は超越を伝えた“ギアクロニクル”でも、統括者である「クロノジェット・ドラゴン」以外には使えない特殊な現象であり、そもそもこの用語を知っているのもクロノジェット・ドラゴンと、主の代弁者「ウルル」。加えて、この研究に勤しむ一部の研究者のみである。また、前述で研究者がいることを明記した通り、超越共鳴は“ギアクロニクル”にとっても一種のブラックボックス的な現象であった。その理由は至って単純で、これまでクロノジェット・ドラゴン以外に超越共鳴を起こした者が存在しなかったため、遅々として研究が進まなかったのである。しかし、新たに「この」惑星クレイにおいて、2人の使用者が誕生した。1度に2件もの事例が観測できたことで、滞っていた研究は久方ぶりの進展を迎えるだろう。すでに、「超越共鳴は過去の超越現象で呼びだした英雄が、対象に力を貸しているのでは」という新たな仮説も生まれている。この進展が彼らにとって、吉と出るか、凶と出るか…。

FAQ 節を編集

  • Q1486 (2015-08-27)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1488 (2015-08-27)
    Q. 能力の「表のカードが○枚以上なら」のような条件はその能力のコストで表にしたカードも含まれますか?
    A. はい、含まれます。ただし、「表のカードが2枚以上なら、コストを払ってよい」等のように、コストの支払いに対して「表のカードの枚数」が条件になっている場合は含まれません。
  • Q1493 (2015-08-27)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1494 (2015-08-27)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/003 RRR イラスト/竜徹澄み渡る広い空……あれが未来だ。
G-BT04/S01 SP イラスト/竜徹(※なし)
ブースターパック超極審判G-BT08/S14 SP イラスト/竜徹(※なし)
PRカードアニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ストライドゲート編」DVD-BOX 特典PR/0495 イラスト/竜徹(※なし)