神聖竜(しんせいりゅう) サンクチュアリガード・レガリア/Holy Dragon, Sanctuary Guard Regalie》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ロイヤルパラディン - コスモドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【永】【(V)】:あなたのターン中、あなたの「サンクチュアリガード」を含むハーツカードがあるなら、あなたのグレード1以下のリアガード1枚につき、あなたの前列のユニットすべてのパワー+3000。

 ファイターズコレクション2015で収録されたロイヤルパラディンGユニット

 「サンクチュアリガード」のハーツカードがあるなら、前列ユニットすべてに、グレード1以下のリアガード1枚につきパワー+3000を与える永続能力を持つ。

 【サンクチュアリガード】専用だが、グレード1以下のリアガードの枚数に応じて前列ユニット全てのパワー増加を行える。

 後列ブースト要員となるグレード1以下のリアガードを3枚揃えるだけで、前列ユニットすべてにパワー+9000を与え続けられることになり、Gゾーンの表のカードの枚数に依存せずに利用できるGユニットの中ではとりわけ強力なパワーラインを形成できる。
 主なハーツ化候補となる《サンクチュアリガード・アーク》《サンクチュアリガード・ドラゴン》に加えて《救国の賢者 ベノン》《ハイドッグブリーダー アカネ》(Vシリーズ)等の山札からグレード1以下のカードスペリオルコールできる手段は充実しているので、安定して高いパワーラインを期待できる。

 仮にグレード1以下のリアガードが過剰供給になって前列にもグレード1のユニットを置いた場合でも十分な数値を望めるようになる。
 これを利用して《急進の騎士 アニル》《じゃんぷがる》の様な前列向けのグレード1以下のリアガードを採用するのも手である。

 また、永続能力であることで、スタンドトリガー等によるスタンド効果との相性が良い。
 《ナイト・オブ・ツインソード》等でバトルフェイズ中にスペリオルコールしたユニットもその恩恵を受けることができるので是非併用したい。

 ただし、こちらのバトルフェイズ中にグレード1以下のリアガードを複数枚処理されてしまうとパワー増加量が大きく減少することになる。
 特に【オーバーロード】は、こちらの後列リアガードすべてを目標に選ぶ処理を介さずに退却させることができる《覇天皇竜 ディフィートフレア・ドラゴン》を不意にコールしてくる可能性があるため、警戒するならばその誘発条件を満たさないリアガードから先にアタックを仕掛ける等、その影響を受けにくくするプレイングを心掛けたい。

  • 超越時の台詞は「ジェネレーションゾーン、解放!」「我が運命、我が未来。 それは我が想いにあり! ストライドジェネレーション! サンクチュアリガード・レガリア!」
  • アタック時の台詞は「大いなる祝福の力をもって、我が聖域を守れ! スターライト・ホーリネス!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

かつて人と竜の双方が争う事無く暮らす国を作り上げ、「白竜王」と称された偉大なる聖域の守護竜。
古書に記された歴史によれば、或る竜族の野心家によって聖域の勢力は二分され、東方は竜族の王国となり、聖域は西方に撤退した。
その後、守護竜は肉体を失ったとされるが、“時空混線”の影響によって現代に降り立った「白竜王」は、異なる歴史を辿った時間軸より現れた存在。
失うはずだった肉体は健在で、大いなる祝福の力によって広大な聖域を守護する、名君と呼ぶに相応しい竜王。
その光は、小さな勇気を持つ者を英雄に変えるという。

  • 「レガリア(Regalie)」とは、王権などを象徴し、それを持つことによって正統な王、君主であると認めさせる象徴となる物品のことである。

FAQ 節を編集

  • Q1261 (2015-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2046 (2016-04-28)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015G-FC01/025 RR イラスト/NINNIN聖域を守る竜は、小さな勇気の力を知っている。
スペシャル/コレクションDAIGOスペシャルセットGG-DG01/002 イラスト/NINNIN白竜王の伝説が、今ここに蘇る。