《メチャバトラー ブチヌーク/Extreme Battler, Break-pass》 節を編集

トリガーユニット 【☆】(クリティカルトリガー) 〈0〉 (ブースト)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー4000 / シールド10000 / ☆1
【自】【(R)】:[このユニットをソウルに置く] あなたのヴァンガードがアタックした時、あなたの「ビクトール」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、1枚引き、あなたのヴァンガードを1枚まで選び、そのバトル中、パワー+5000。

 刃華超克で収録されたノヴァグラップラークリティカルトリガー

 基本的な性質は《夢の運び手 ベレヌス》と同様なのでそちらを参照。

 要件に対応する「ビクトール」のカードは、Gユニットノーマルユニットのそれぞれに汎用性の高いものが存在しており、その他の「ビクトール」関連のサポートを重視しないデッキにおいても無理なく利用が狙える。

 ノヴァグラップラークリティカルトリガーとしては《ザール・ブラウグランツ》《レッド・ライトニング》等、リソース補充、デリート呪縛の対処に秀でたカードが揃っているのが悩みどころだが、《メテオカイザー バスタード》《フェイバリットチャンプ ビクトール》等のリアガードの枚数を要求する能力を利用する上では手札の消耗を抑えながらリアガードの水増しが行えるこのカードの利点は大きい。

 【ノヴァグラップラー】《メチャバトラー ガンズドン》《メテオカイザー ドガンティタン》等の存在により退却山札送り、呪縛等といった妨害手段にある程度の耐性はあるもののその多くは他のファイターターンで行われるものには機能しないため、コストリアガードサークルを離れる点もその対応できない期間の隙を埋められるという利点となり、次のターンコールする予定の《メテオカイザー ドガンティタン》要件も満たしやすくなるといった作用も期待できる。