《ウイニングチャンプ ビクトール/Winning Champ, Victor》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] あなたのリアガードが【スタンド】した時、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、そのユニットとこのユニットのパワー+5000。
【自】【(V)】【Gブレイク】(3):このユニットがアタックしたバトルの終了時、1枚引き、相手の最もパワーの低いリアガードを1枚選び、退却させる。

 The GALAXY STAR GATEで収録されたノヴァグラップラーGユニット

 1つ目の能力は、リアガードスタンドした時にソウルブラスト(1)とGゾーンから裏のカード1枚を表にすることで、そのユニットとこのユニットパワー+5000を与える自動能力

 リアガードスタンドする度にコストを払うことで自身とそのユニットパワーを増やせる。
 誘発条件を満たしてコストを払える限りは同一ターン中に複数回の利用も可能なため、《メチャバトラー ゴルシャーチ》《メチャバトラー ニンジャード》等で複数回、《メチャバトラー ランボール》《メチャバトラー カチワール》等で連鎖的にリアガードスタンドすることができれば、それだけパワーを増やせる。
 コストによりGゾーンの表のカードの枚数も副次的に増やせるので、Gゾーンの表のカードの枚数に応じて効果量が変動する《マジカル・パフォーマー》《メチャバトラー ガンズドン》との相性面に優れ、その後のターンで利用する予定の《フェイバリットチャンプ ビクトール》《メテオカイザー バスタード》《メテオカイザー ドガンティタン》等にも繋げやすくなる。

 ソウルを増やしつつリアガードスタンドを行える《メチャバトラー カブトロン》《メチャバトラー ジェロホーク》と組み合わせれば、能力誘発とリソースの確保を同時に行えるので相性が良い。

 また、ソウルブラストを行う回数を調節しやすい事から《ズバットバトラー ビクトール》《メテオカイザー ユニオール》等のソウルの枚数を一定以下にする要件を満たしやすくできる部分も強みといえる。

 2つ目の能力は、アタックしたバトルの終了時に1枚ドローし、相手の最もパワーの低いリアガード1枚を退却させるジェネレーションブレイク(3)の自動能力

 ジェネレーションブレイク(3)の制限があるが、コストなしでドロー相手リアガード退却が行える。

 ただし、Gゾーンに表のカードが1枚もない状態からこのカード超越した場合、1つ目の自動能力をこのカードアタックしたバトルの終了時を迎える前までに2回以上プレイしてGゾーンの表のカードを2枚以上揃えておく必要があるので注意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3646 (2018-01-18)
    Q. この能力が誘発したあと、解決する前に「そのユニット」に該当するユニットがフィールドからいなくなっていた場合、このユニットは効果を得られますか?
    A. はい、得られます。
  • Q3655 (2018-01-18)
    Q. スタンド状態のユニットを「スタンドする」効果で選んだ場合も発動しますか?
    A. しません。スタンド状態のカードを「スタンドする」効果で選んでも、カードの状態は変わりません。
  • Q3663 (2018-01-18)
    Q. 最もパワーの低いリアガードが「抵抗」などで選べない場合、2番目に低いユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。
  • Q4281 (2018-10-05)
    Q. Gゾーンに表のカードがない状態で、「メチャバトラー ブッタギル」がカードの効果により【スタンド】しました。このカードの能力から解決した後、その【スタンド】した「メチャバトラー ブッタギル」の『闘魂』を解決することは可能ですか?
    A. いいえ、発動していない「メチャバトラー ブッタギル」の『闘魂』を解決することはできません。“あなたのカードの効果で、このユニットが【スタンド】した時”を条件とする「メチャバトラー ブッタギル」の『闘魂』は、【Gブレイク】(2)を満たした状態にて、その条件を満たすことで発動します。ご質問の状況では、カードの効果により「メチャバトラー ブッタギル」が【スタンド】した時点では、【Gブレイク】(2)を満たせていません。そのため、「メチャバトラー ブッタギル」の『闘魂』も有効ではなく、発動しません。また、「メチャバトラー ブッタギル」が【スタンド】した後に、「ウイニングチャンプ ビクトール」の自動能力のコストが実行され、【Gブレイク】(2)が満たされた場合でも、既に『闘魂』が発動するタイミングは経過しているため、改めて発動することはありません。
  • Q4282 (2018-10-05)
    Q. “相手の最もパワーの低いリアガードから1枚選び、退却させる”という効果は、最もパワーの低いリアガードが、『抵抗』や“このユニットは相手のカードの効果で選ばれない”等の効果を持っていた場合、どのように解決されますか?
    A. “相手の最もパワーの低いリアガードから1枚選び、退却させる”という効果は解決されません。ファイターが実行不可能なことを行うように求められた場合、それは単に行われません。そのため、最もパワーの低いリアガードが、『抵抗』や“このユニットは相手のカードの効果で選ばれない”等の効果を持つカードだった場合、“相手の最もパワーの低いリアガードから1枚選び、退却させる”という効果は実行不可能なため、単に行われません。また、その次にパワーの低いリアガードが選択され、退却することもありません。

収録情報 節を編集

エクストラブースターThe GALAXY STAR GATEG-EB03/002 GR イラスト/HMK84最後には必ず、俺様達が勝つ!