《メチャバトラー ブッタギル/Extreme Battler, Sever-temper》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
闘魂 - 【自】【(R)】【Gブレイク】(2):あなたのカードの効果で、このユニットが【スタンド】した時、あなたの「ビクトール」を含むヴァンガードがいるなら、そのターン中、このユニットのパワー+5000。
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):あなたのドライブチェックでグレード3のカードがでた時、このユニットのパワー以下のパワーの相手の前列のリアガードを1枚選び、退却させる。

 剣牙激闘6パックキャンペーンで配布されたグレード2のノヴァグラップラー

 1つ目の能力は、カード効果スタンドした時に「ビクトール」のヴァンガードがいるならパワー+5000を得る闘魂ジェネレーションブレイク(2)の自動能力

 誘発条件効果《メチャバトラー ザザンダー》自動能力と同一であるが、制限がジェネレーションブレイク(2)と厳しくなり、「ビクトール」のヴァンガードがいることを要求する要件が追加されている。

 基本的な使い方として《メチャバトラー ザザンダー》と同一であるが、ジェネレーションブレイク(2)の制限と要件の追加により即効性と汎用性は落ちているので闘魂能力関連のサポートや2つ目の能力も活かして差別化するようにしたい。
 幸い、「ビクトール」のカードはいずれもこの誘発条件を満たすことができる能力を有しており、中でも《メテオカイザー ビクトール》起動能力コストGゾーンの表のカードを稼げるので有効化が遅くなるという欠点の軽減が可能であるため相性がよい。

 2つ目の能力は、ドライブチェックグレード3のカードがでた時に自身のパワーより低いパワー相手前列リアガード1枚を退却させるジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 ドライブチェックグレード3のカードが出るだけで自身のパワー以下の相手前列リアガード退却させることができる。

 こちらはGユニット1枚を超越またはコールするだけで使える汎用性に優れた能力となっている。

 誘発条件ドライブチェックの結果に依存し、効果で選べるのもこのカードパワー以下の相手前列リアガードに限定されているものの、元々のパワーのままでも大概のインターセプト要員を退却させる程度の働きが期待できる。
 1つ目の能力誘発条件が重なる《天頂巨星 モアイ・ザ・スプリーム》等でパワーを増やせばパワー10000以上のリアガード退却が狙えるものの、相手としても不確実とはいえコスト無しでリアガードを処理される位であれば、こちらのドライブチェックより前にインターセプト等を利用して前列リアガードを積極的に処理してくることが考えられるので、相手インターセプト等による前列リアガードの消費を促す能力程度として考えておいた方が良いだろう。

 また、ドライブチェックグレード3のカードが出ることによって利点を得られる【アシュラ】においても、グレード3のカード山札に補充することができる《闘神 アシュラ・カイザー》があるので、一定のシナジーは見込める。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカード剣牙激闘6パックキャンペーンPR/0580 イラスト/ヨシモト二本あるのだから、二回斬るのは当たり前。
エクストラブースターThe GALAXY STAR GATEG-EB03/XXX