黒角王(こっかくおう) ブルパワー・アグリアス/Black Horn King, Bullpower Agrias》 [編集]

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
スパイクブラザーズ - オーガ パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを好きな枚数選び、表でバインドする。3枚以上バインドしたら、1枚引き、あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、バインドゾーンから2枚まで選び、ユニットのいない別々の(R)にコールする。

 究極超越で収録されたスパイクブラザーズGユニット

 アタックした時にカウンターブラスト(1)とGゾーンから自身と同名の裏のカードを1枚を表にすることで、リアガードを好きな枚数、表でバインドし、3枚以上バインドしたら、1枚ドローし、Gゾーンの表のカード1枚につき、バインドゾーンから2枚をスペリオルコールする自動能力を持つ。

 《大悪党 ダーティ・ピカロ》と同様にGゾーンの表のカードの枚数に応じて疑似スタンド狙いの複数枚のスペリオルコールを行える。
 こちらはスペリオルコール選択肢がバインドゾーンカードと狭めであるが、直前に行うリアガードバインドする単発効果によりスペリオルコールに必要なユニットのいないリアガードサークルを事前に確保する手間が不要になっており、手札ドロー効果で増えるようになっている。

 Gゾーンに表のカードがない状態からでも利用可能で、その状態でも3:3交換の効率で1枚のドローと2枚のスペリオルコールが行えるので、十分な下準備ができておらずともディスアドバンテージの発生は抑えられるようになっている。
 Gゾーンの表のカードがある状態からなら4枚以上のスペリオルコールが狙えるようになり、さらに《冷血参謀 カニング・ブレイン》等の別のバインド手段を併用しておけばスペリオルコールの選択肢も増やせる。

 欠点として追加効果要件を満たすにはリアガードを3枚以上バインドする必要があるため、《大悪党 ダーティ・ピカロ》とは逆にリアガードを3枚以上残しておくことが求められる。
 それにより、突撃能力等のバトルの終了時にフィールドを離れる類の時限誘発を作成する類の能力の事前利用は差し控えなくてはならないが、《プランプト・チーター》《メカ・コーチ》等の残す手段を併用すれば突撃状態関連の能力の事前に利用しても影響を出ににくくすることができる。

 その他、《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》等やそれを起点としたリアガード潰しのコンボによる妨害の影響を受けやすいので、《大悪党 ダーティ・ピカロ》と使い分ける等して補うようにしたい。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

  • Q3597 (2017-11-17)
    Q. バインドゾーンに裏で置かれているカードも選ぶことはできますか?
    A. はい、選べます。

収録情報 [編集]

ブースターパック究極超越G-BT13/021 RR イラスト/タカヤマトシアキ神たが何だか知らねぇが、必殺戦術(ゴリオシ)の前に敵はい無ぇ!
G-BT13/S11 SP イラスト/タカヤマトシアキ(※なし)