招来(しょうらい)幻妖術師(げんようじゅつし) ネグロノーラ/Diabolist of Solicitation, Negronora》 [編集]

Gユニット  〈4〉
グランブルー - ゴースト パワーなし / シールド15000 / ☆なし
【Gガーディアン】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で、あなたのGゾーンに表のGガーディアンが3枚以下なら使える) - 相手ターンのガードステップ - [あなたの手札から【治】を1枚選び、捨てる] 裏のこのカードを(G)にコールする。
【自】【Gブレイク】(1):[【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏の【Gガーディアン】を1枚選び、表にする] このユニットが(G)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのドロップゾーンからそれぞれグレードの異なるカードを2枚選び、(G)にコールしてよい。

 ファイターズコレクション2017で収録されたグランブルーGユニット

 ガーディアンサークル登場した時にソウルブラスト(1)とGゾーンの裏のGガーディアン1枚を表にすることで、ドロップゾーンからそれぞれグレードの異なるカード2枚をスペリオルコールできるジェネレーションブレイク(1)の自動能力を持つ。

 スペリオルコールするのはグレードの異なるカード2枚となるが、このカードコールするコストで元々のシールド10000を持つグレード0のカードドロップゾーンに置かれるので少なくともシールド25000、ドロップゾーンに元々のシールド5000を持つグレード1かグレード2のカードがあるならシールド30000を捻出できる。
 【お化け】であればドロップゾーンの「お化け」のカードが10枚以上ある状態から、《お化けのくれみー》グレード0のカードスペリオルコールすればシールド35000まで到達する。
 予めドロップゾーングレード1かグレード2のカードを置いておくのは容易く、もしなかったとしてもコストを利用してソウルから調達できる。

 《お化けのふれでぃ》《お化けのちゃっぴー》等の能力ドロップゾーンから使い回すこともでき、《お化けのふれでぃ》ならユニット1枚へのアタックヒットを確実に防ぐことができ、《お化けのちゃっぴー》なら《お化けのかーる》との連携でインターセプトが行えるリアガードの確保を狙うことができる。

 また、コストGゾーンの表のカードが稼げるので、《屍の幻妖術師 ネグロゾンガー》継続効果効果量を高めるサポートにもなる。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

  • Q2210 (2017-05-02)
    Q. ドロップゾーンに異なるグレードのカードが2枚以上ある場合、必ず2枚コールしなければいけませんか?
    A. はい

収録情報 [編集]

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2017G-FC04/043 RRR イラスト/麻谷知世あなたに相応しいお相手、用意させていただきますわ。