事象(じしょう)(つばさ) ウイングマター/Wings of Phenomenon, Wingmatter》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - サイバロイド パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):このユニットがヴァンガードにアタックした時、そのバトル中、このユニットのパワー+6000。
【自】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのリアガードを1枚選び、呪縛する] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のグレード2以下のリアガードを1枚選び、呪縛する。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)

 宿星の救世竜で収録されたグレード3のリンクジョーカー

 ジェネレーションブレイク(1)は《スチームナイト ウバル・トゥトゥ》と同様の自動能力

 ヴァンガードサークル登場した時の能力は、カウンターブラスト(1)とリアガード1枚の呪縛で、相手グレード2以下のリアガード1枚を呪縛するというもの。

 誘発条件が共通する《星輝兵 マルチバース・ドラゴン》《ナイト・オブ・エントロピー》と比べるとグレード制限はともかく呪縛コストは痛いところ。
 とはいえ、5〜6ターン目の段階でカウンターブラスト(1)で行える呪縛はそれなりに優秀と言える。

 さすがに《日食の星輝兵 チャコール》を併用した《星輝兵 マルチバース・ドラゴン》には速度面で追いつかれるためこちらの方が多少不利となる。
 あちらは《日食の星輝兵 チャコール》を事前にコールできていなければ基本的にバニラ同然なので、安定性では圧倒している。

 呪縛コストも適当なリアガードが1枚いれば、先駆スペリオルコールされたファーストヴァンガードでも問題ない。
 ヴァンガードパワーラインを下げたくないのであれば、左右の後列に置かれたリアガードコストにしておきたい。

 6ターン目以降なら呪縛コストがそのまま《創世竜 アムネスティ・メサイア》《白色矮星のレディバトラー》能力の布石になるというのが利点。
 ただ、Gユニット超越することでグレード制限なしで相手リアガード呪縛を行いつつヴァンガードパワーを増やせる《オルターエゴ・メサイア》はやや見劣りしやすい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集