星輝兵(スターベイダー) マルチバース・ドラゴン/Star-vader, Multiverse Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
リンクジョーカー - サイバードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚選び、呪縛し、そのターン中、このユニットのパワー+5000。
(呪縛されたカードは、裏向きになり何もできない。持ち主のターンの終わりに表に戻る)
【永】【(V)/(R)】:盟主(共通するクランがないあなたのユニットがいるとアタックできない)

 はじめようセット 侵略の星輝兵で付属したグレード3のリンクジョーカー

 リミットブレイクは、ヴァンガードサークル登場した時にカウンターブラスト(1)で相手リアガードを1枚呪縛し、パワー+5000を得る自動能力

 リミットブレイクになったことでコストが小さくなりパワー+5000がついた《ナイト・オブ・エントロピー》のような性能だが、《日食の星輝兵 チャコール》のサポート無しで最速でライドしてしまった場合にバニラとなってしまうリスクが大きい。

 そのため他のグレード3を経由しての再ライドが前提となるが、元よりそれを前提とするブレイクライドを持つ《星輝兵 インフィニットゼロ・ドラゴン》とは相性が良い。
 カウンターブラスト(1)と手札1枚の消費で、相手前列2枚、後列1枚の合計3枚のリアガード呪縛した上でパワー+15000を得られるという瞬間的コスト効率は優秀で、《星輝兵 ダストテイル・ユニコーン》ブレイクライドの組み合わせと比べてカード消費を1枚分少なくできる。

 しかし、そのコンボを行ったところでそのターン相手に凌がれてしまえば次のターン以降からパワー11000のバニラでしかなく、他のグレード3以上のカードライドしたり、Gユニット超越する等のなんらかの手を打たなければ厳しくなってしまうので、ライド前に《凶爪の星輝兵 ニオブ》などを大量展開しておき、そのターン中に決着を付けられるようにしたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

侵略者“リンクジョーカー”の先兵「星輝兵」。 過度に進化しすぎた知的生命体、その暴動により滅亡した小さな星の核が、“リンクジョーカー”との接触によって「虚無(ヴォイド)」を受け入れ肉体を得た姿。 元が高度な文明に支配された星だった為か、データから導き出される情報以外を不確定要素と切り捨て、一切信じようとしない。 スターゲート侵略にあたって「インフィニットゼロ・ドラゴン」の補佐を務めていた為、立場上は彼の副官ともいえる存在だが、直接戦闘でのデータ収集を好む指揮官とは真逆の性格をしており、行動をともにする事は少ない。 かつて行き過ぎた文明によって滅ぼされた者が、より高次の文明を持つ存在に受け入れられ、先兵となる運命の皮肉。 拡大する“リンクジョーカー”の侵略行為は、今や星さえも呑み込み、その因果を捻じ曲げていく。 滅びよりも惨い、永遠の束縛へと。

  • 「マルチバース(Multiverse)」とは多元宇宙を指す天文用語で、全宇宙の無限集合である「オムニバース」の部分集合。「ユニバース(宇宙)」の集合の事。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカードはじめようセット 侵略の星輝兵PR/0172 イラスト/碧風羽膨張する虚無は、やがて全てを飲み込み始める。