《イニグマン・ヘルム/Enigman Helm》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
ディメンジョンポリス - エイリアン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
超爆 - 【自】【Gブレイク】(2):このユニットが(R)に登場した時、あなたのヴァンガードのパワーが15000以上なら、そのターン中、このユニットのパワー+4000。あなたのヴァンガードのパワーが30000以上なら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、【自】(V)】:[あなたの超爆能力を持つリアガードを1枚選び、ソウルに置く] 相手のユニットが(G)に置かれた時、コストを払ってよい。払ったら、相手は自分のグレード3以下のガーディアンを1枚選び、退却させる。』を与える。

 俺達!!!トリニティドラゴンで収録されたグレード2のディメンジョンポリス

 リアガードサークル登場した時にヴァンガードパワー15000以上なら、パワー+4000を得て、ヴァンガードパワー30000以上なら、ヴァンガード1枚に『相手ユニットガーディアンサークルに置かれた時に超爆能力を持つリアガード1枚のソウルインで、相手グレード3以下のガーディアン1枚を退却させる自動能力』を与える超爆ジェネレーションブレイク(2)の自動能力を持つ。

 使えるタイミングはかなり遅めで、第一段階の要件は満たしても得られる恩恵はこのカードパワーを補強するというものだが、ヴァンガードパワー30000以上で利用できる第二段階の要件を満た場合にはヴァンガードに突破力を高める能力を与えることができる。

 第二段階はヴァンガードパワー30000以上なら、『相手ユニットガーディアンサークルに置かれた時に超爆能力を持つリアガード1枚のソウルインで、相手グレード3以下のガーディアン1枚を退却させる自動能力』を与えるというもの。

 1:1交換で相手ガーディアン退却させることができるが、効果で選ぶことができない抵抗持ちやグレード4のGユニット退却させることはできず、ヒットされないを含む効果を無効にすることもできない。

 対応できる範囲でシールド10000以上のガーディアン退却させたいところであるが、退却させるガーディアン相手が選ぶのでそれを狙って行うのは難しい。
 そのため相手手札に余裕がある場合は退却させられてもよいカードを事前に囮としてガーディアンサークルに置かれるだけで対処されてしまうものの、その場合でも相手カード消費を増やす働きが期待できる。
 《超鋼闘機 ヘヴィデューク》等のコール制限能力持ちや《伝説の次元ロボ ダイカイザー・レオン》等のガーディアン退却させる能力持ちと併用するならこの欠点を補いやすくなり、それを両立できる《鋼闘機 シンバスター》《超次元ロボ ダイカイザー》のコンボに組み込むのも一興である。

 コストは他の超爆能力を持つリアガードの他、このカードも選べるので少なくとも1回は利用できる。
 その際、コストにするリアガードは予めレストしたものを選ぶと効率が良くなり、《イニグマン・メガカレント》《レディ・スカイラーク》等の使い終えた領域移動誘発持ちならさほど惜しくはない。
 ソウルで使える能力を持つ《イニグマン・ブラン》ならソウルに置くこと自体に意義を見出せる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2053 (2017-01-12)
    Q. 超爆能力を解決した後、ヴァンガードのパワーが減少した場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、失われません。
  • Q2054 (2017-01-12)
    Q. 超爆能力を解決した後、別の効果でヴァンガードのパワーが増加し、パワーの数値が解決した超爆能力の2段階目の条件を満たした場合、超爆能力の追加効果を得られますか?
    A. 得られません。超爆能力は、それを解決する際に、段階に応じたパワーの数値を満たしている必要があります。
  • Q2056 (2017-01-12)
    Q. 超爆能力を持つユニットは、ヴァンガードのパワーが一定の値になっていない場合でも「超爆能力を持つユニット」ですか?
    A. はい。有効になっていない状態でも、それは依然として超爆能力を持ったカードです。
  • Q3966 (2018-10-05)
    Q. このユニットがヴァンガードに与えた自動能力と、『守護者』が持つ自動能力の“(G)に登場した時”等の能力とでは、どちらが先に発動し、解決されますか?
    A. ターンファイターの能力である、ヴァンガードに与えられている、「イニグマン・ヘルム」の自動能力から解決されます。お互いのファイターの自動能力が同時に発動した場合、先ず、ターンファイターの発動した自動能力から全て、任意の順番で解決します。その後、非ターンファイターの発動した自動能力を解決します。なお、1度発動した自動能力は、発生源の状態に関わらず、必ず可能な限りの効果を解決するため、『守護者』を含むガーディアンが退却した場合でも、コストを支払うことで、“ヒットされない。”等の効果を実行することは可能です。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター俺達!!!トリニティドラゴンG-CHB02/016 RR イラスト/丸山浩綿密な分析は、チームの勝利に欠かせない。
G-CHB02/S20 SP イラスト/丸山浩(※なし)