《イニグマン・ゼファー/Enigman Zephyr》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ディメンジョンポリス - エイリアン パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆
【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのアタックステップ開始時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを手札に戻す。
超爆 - 【自】【Gブレイク】(1):このユニットが(R)に登場した時、あなたのヴァンガードのパワーが10000以上なら、そのターン中、このユニットのパワー+4000。あなたのヴァンガードのパワーが30000以上なら、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+4000。

 俺達!!!トリニティドラゴンで収録されたグレード0のディメンジョンポリス

 2つ目の能力は、アタックステップ開始時にカウンターブラスト(1)で自身を手札に戻す自動能力

 単に手札に戻すにしてはコストは重いが、バトルに参加させつつ手札に戻すことができる。
 それにより単にシールド10000のガーディアンの確保や2つ目の自動能力の利用にも繋げることができる他にも退却呪縛等の対策になり、誘発タイミングが重なる《超光巨人 イニグマン・クロスレイ》とも組み合わせやすいといった利点がある。

 ジェネレーションブレイク(1)は、リアガードサークル登場した時にヴァンガードパワー10000以上ならパワー+4000を得て、ヴァンガードパワー30000以上ならヴァンガード1枚にパワー+4000を与える自動能力

 ジェネレーションブレイク(1)の制限の都合から使えるタイミングが遅いだけでなく、先駆によるスペリオルコールでは利用できないが、ファーストヴァンガードとして運用していた場合でも1つ目の自動能力によって手札に戻すことができるので再利用は見込める。

 第一段階の要件は極めて緩く、これだけでもパワー9000のリアガード要員として利用できるようになる。
 《宇宙勇機 グランカンフー》等をブーストすればパワー21000ラインを形成できる。
 前列要員としても不足はないパワーとなるので、1つ目の自動能力を活かして【リンクジョーカー】【メガコロニー】が得意とする呪縛スタンド妨害の対策として前列リアガードサークルに置いておくのも手である。

 第二段階は超爆能力等のヴァンガードパワーを参照する能力の補助として利用できる。
 要件で要求される数値はやや高めだが、適当なGユニット超越すれば《宇宙勇機 グランレディ》《宇宙勇機 グランワゴン》等を利用することである程度は満たしやすくなる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3012 (2017-01-12)
    Q. 超爆とはなんですか?
    A. 超爆とは、ヴァンガードのパワーを参照し、そのパワーの値によって効果を得ることができる一連の能力です。
  • Q3013 (2017-01-12)
    Q. 超爆能力を解決した後、ヴァンガードのパワーが減少した場合、効果は失われますか?
    A. いいえ、失われません。
  • Q3014 (2017-01-12)
    Q. 超爆能力を解決した後、別の効果でヴァンガードのパワーが増加し、パワーの数値が解決した超爆能力の2段階目の条件を満たした場合、超爆能力の追加効果を得られますか?
    A. 得られません。超爆能力は、それを解決する際に、段階に応じたパワーの数値を満たしている必要があります。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター俺達!!!トリニティドラゴンG-CHB02/034 R イラスト/丸山浩助けを呼ぶ声に応える。 それが英雄の第一条件だ。
G-CHB02/S22 SP イラスト/丸山浩(※なし)