超光巨人(ちょうこうきょじん) イニグマン・クロスレイ/Super Giant of Light, Enigman Crossray》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ディメンジョンポリス - エイリアン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[あなたのリアガードを1枚選び、【レスト】する] あなたのアタックステップ開始時、このユニットのパワーが30000以上なら、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのパワー+10000。(アタック1回ごとに発動し、コストを払うとパワーが増える)

 勇輝剣爛で収録されたディメンジョンポリスGユニット

 アタックステップ開始時に自身がパワー30000以上なら、リアガード1枚のレストパワー+10000を得る自動能力を持つ。

 単体でパワー30000を越えるのは至って容易であり元々のパワー11000以上のカードハーツ化すれば、《大宇宙勇機 グランギャロップ》《宇宙勇機 グランワゴン》等の能力を利用してパワー+4000以上を与えるだけで要件を満たせる。

 要件さえ満たせば後列アタックブーストもできずにスタンド状態で腐っているリアガードを利用してパワーを増やせるようになり、中央後列リアガードパワー9000以下であるならブーストを行わせるよりも多くのパワーを与えることができる。
 アタックステップ開始時に誘発し、「そのターン中」持続する継続効果を発生させるので、コストを払った後にリアガードアタックさせればこのカードスタンド状態で温存でき、合計パワー+20000以上を得ることもできる。
 これを利用すると、1回目と2回目のバトルで左後列や右後列コストレストし、2回目のバトルをこのカード《宇宙勇機 グランレンジャー》に担当させた場合には合計パワー60000と、《駆け抜ける英機 グランギャロップ》超爆能力要件を満たせる数値にまでパワーを増やすこともできる。

 上昇するパワーは高いが、1回分の効果量は《ミラクルエレメント アトモス》と同程度と突出している訳ではなく、リアガードレストコストとなっていることから、《コマンダーローレル》と併用する場合には1回目のバトルで中央後列リアガードコストにする等の工夫が必要になる。

 また、ただパワーが増えるだけなのでガード強要性は低いうえ、後半でもGゾーンの表のカードが3枚以上あるなら《超宇宙勇機 エクスタイガー》で十分な事が多いので使い道は限られてくる。

 アタックステップ開始時という誘発タイミングとレストするリアガードの内容を問わない点や、《宇宙勇機 グランサブ》《宇宙勇機 グランシード》等のサポートを加えてガード強要に活かす等して差別化したいところ。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2210 (2016-05-26)
    Q. このユニットの自動能力が発動する『アタックステップ開始時』とはいつですか?
    A. それぞれのバトルの始まりにある、アタックをするかどうかを決めるタイミングです。
  • Q2278 (2016-05-26)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック勇輝剣爛G-BT07/035 R イラスト/funbolt人々の願いと祈りを光に変え、超人は新生する。