烈火進撃(れっかしんげき)時空巨神(コロッサス)/Fiery March Colossus》 [編集]

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ギアクロニクル - ギアコロッサス パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのリアガードを1枚選び、山札の下に置く] このユニットがヴァンガードにアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、相手のリアガードを1枚まで選び、相手はそのユニットを自分の山札の下に置き、そのバトル中、相手はこの効果で自分の山札の下に置いたカードと同じグレードのカードを自分の手札から(G)にコールできない。

 月煌竜牙で収録されたギアクロニクルGユニット

 ヴァンガードアタックした時にカウンターブラスト(1)とリアガード1枚をデッキボトムに置くことで、相手リアガード1枚をデッキボトムに置き、相手はこの効果デッキボトムに置いたカードと同じグレードカード手札からコールできなくなる自動能力を持つ。

 基本的には、フィールドにいることも多いグレード1のリアガードデッキボトム送りにして、相手守護者を封じられるフィニッシャーとして使うことになるだろう。
 ただ、グレード0のカード手札からのコールを封じるならば、《時空竜 ラグナクロック・ドラゴン》もおり、特にGゾーンの表のカードがある状態で利用する場合は1:1交換とクリティカルの増加のどちらを優先するかで使い分けたい。

 また、確実な誘発条件相手リアガードに干渉できる他のギアクロニクルGユニットの中ではコストを払えるなら要件なしで使え、グレードの制約等も無いので、どうしても処理しておきたい相手リアガードがいる場合に使うという選択肢も考えられる。

 ただ、《時空竜 ラグナクロック・ドラゴン》と同様にパワーの増加が無い事から、特定のグレードカード手札からコールを封じても、Gガーディアン等の手札以外からのスペリオルコール手段やシールドの増加効果付きの移動手段でヒットを防がれる可能性は十分にあるので、極力ブースト等でパワーを補強して要求シールド値を高めておきたい。
 特に《ミストゲイザー・ドラゴン》《頂に立つギアウルフ》等は相手リアガードデッキボトム送りにすることでパワーが増加するので積極的に併用したい。

  • 「ギアースクライシス編」、「ストライドゲート編」では新導クロノが使用する。
  • アタック時の台詞は「燃えろ空! 震えろ大地! 全ての理を打ち砕け! 炎爆撃震!」

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

ブースターパック月煌竜牙G-BT05/040 R イラスト/田所哲平どうして、時を遮ることができようか。