銀の茨の竜使い(シルバーソーン・ドラゴンテイマー) ルキエ/Silver Thorn Dragon Tamer, Luquier》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ペイルムーン - エルフ パワー10000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(3)] あなたのソウルから、グレード3とグレード2とグレード1とグレード0の、《ペイルムーン》をそれぞれ1枚まで選び、別々の(R)にコールする。
【自】【(V)】:あなたの《ペイルムーン》がソウルから(R)に登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+3000。

 獣王爆進で収録されたグレード3のペイルムーン

 リミットブレイクは、カウンターブラスト(3)でソウルからグレード3、グレード2、グレード1、グレード0のペイルムーンをそれぞれ1枚までスペリオルコールする起動能力

 小回りは効かないものの、高効率でソウルから最大で4枚ものペイルムーンを一度にスペリオルコールできる。

 その効率を十分に発揮するためには、せめてソウルに3種類以上のグレード、できればグレード1からグレード3のペイルムーンを揃えておきたい。
 グレード1とグレード2のペイルムーンライドソウルに置くことができるが、順調にこのカードライドした場合はグレード3のペイルムーンが置かれることはない。
 このカードライドした後に手札にあれば《パープル・トラピージスト》などを使ってソウルに置くことができるが、先に別の手段でソウルで枚数を増やしておかないと代わりに1枚しかない他のグレードソウルから減ってしまい、スペリオルコールを狙える枚数が増やすことができなくなる。

 リミットブレイクの制限による影響は大きく、スペリオルコールは基本的に早ければ早いほど有効なものである。
 特にこの能力を生かせる「ダメージゾーンが4枚以上となった状態でユニットのいないリアガードサークルが多数ある」状態を作ろうとすると、攻守両面で多大なディスアドバンテージを生みかねない。
 《銀の茨の人形使い ユーフェミア》等を使い、ダメージゾーンが3枚の状態から使えるようにすることも考えられる。

 また、よほど他のカード能力ソウルペイルムーンの枚数を稼いでおかなければ、ソウルの戦力を一気に枯渇させてしまうので、他のソウルを活用する能力は働きにくくなる。

 起動能力を使用した後は自動能力によって大幅なパワー増加が見込める。
 最大でパワー+12000を得られ、《パープル・トラピージスト》スペリオルコールするなどすれば更に誘発回数を稼ぐこともできる。
 ただし、スペリオルコールを生かそうと思うと可能な限り早く使うことになるので、ここで得られるパワーは無駄になりやすい。
 逆に、パワーを生かすために最終盤で起動能力を使えば大抵は多くをユニットの重複処理退却させてしまうことになる。

 しかし、起動能力を使わなくとも自動能力誘発させるのはさほど難しくない。
 例えば、《量子力学の魔法使い》《パープル・トラピージスト》スペリオルコールすることで継続的にターン+6000を得ることが可能である。
 このように高パワーヴァンガードとして運用していくこともできるが、積極的に誘発を狙うとコストが必要になることが多いため、起動能力の使用は狙いにくくなる。

 以上のように、2つの能力の性質は相互に影響しつつも噛み合わせの悪い面もあり、どちらの能力に重点を置くかで運用は大きく変わってくる。

 また、このカード《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》クロスライド要件となるカードでもあり、それらの能力はこのカードのものより扱いやすいと言える性能である。
 しかし、このカード自動能力にあたるものは存在しないため、瞬間的な爆発力においてはこのカードに分がある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

惑星中に十数人しかいないと言われる竜使いの一人。 超希少素材「銀茨」を用いた破魔の力を宿す鞭を持つ。緋色に輝く彼女の右眼は
強力な「魅了(チャーム)」の魔法を常時発動させており、この瞳を見れば余程の意志力が無い限り瞬時に彼女に隷属させられてしまう。
千年の時を生きた「ミレニアム・エルフ」が“ペイルムーン”に来た理由は団長曰く「一時の道楽」らしい。 彼女の虜となった者達は
彼女に従い、そして彼女より先に生涯を終える。 彼らは最後に主の姿を見て、必ず満足気に微笑み散っていくのだという。

FAQ 節を編集

  • Q228 (2012-07-06)
    Q. 一度にソウルからリアガードサークルに2枚以上ユニットが置かれた時、このカードの能力は重複して発動しますか?
    A. はい、重複します。例えば3枚同時にソウルから(R)にユニットが登場した時、このカードの能力は3回発動し、パワー+9000されます。

収録情報 節を編集

ブースターパック獣王爆進BT07/004 RRR イラスト/馳せ参じよ、忠実なる従僕(シルバーソーン・サーバンツ)
BT07/S04 SP イラスト/最高のビーストテイマーは、竜すら子犬のように使役する。


銀の茨の竜使い(シルバーソーン・ドラゴンテイマー) ルキエ》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ペイルムーン - エルフ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【ソウル】【リミットブレイク】(4):[【ソウルブラスト】(1) ‐ 他の「銀の茨」を含むカード] あなたのメインフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、このカードを(R)にコールする。そのターン中、このユニットのパワー+3000してよい。そうしたら、そのターンの終了時、このユニットをソウルに置く。
【自】【(V)】:あなたのターン中、あなたの「銀の茨」を元々含むGユニットが【超越】した時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、【自】(V)】:あなたの「銀の茨」を含むユニットがソウルから(R)に登場した時、そのターン中、そのユニットのパワー+3000。』を与える。

 月夜のラミーラビリンスで収録されたグレード3のペイルムーン

 リミットブレイクは、メインフェイズ開始時にエスペシャルソウルブラスト(1)で、自身をスペリオルコールし、その後、パワー+3000を与えることができ、そうしたら、そのターンの終了時に自身をソウルに置く自動能力

 リミットブレイクの制限付きだが、メインフェイズ開始時にソウルから自身をスペリオルコールできる。
 ソウルで有効になる性質上、《銀の茨の人形使い ユーフェミア》で有効化を補助することはできないが、有効化すればソウルの「銀の茨」のカード1枚をコストに1枚分のアドバンテージを稼げる有用な手段となる。
 このカードソウルに置く手段についてはライドあるいはソウルチャージ等のような偶発的な手段に頼る他にも、《銀の茨の曲芸師 ルカミア》を利用して山札から探して置くといった方法がある。

 使用した場合、ソウルから「銀の茨」のカードが2枚減り、さらにソウルに他の《銀の茨の竜使い ルキエ》がない場合は《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》永続能力も有効でなくなる点に注意しておきたい。

 追加効果では、ターンの終了時に自身をソウルに置く時限誘発の作成と引き換えにパワーを得られる。

 アドバンテージは得られなくなるものの、単独パワー14000のリアガードとなることでブーストと合わせてパワー21000ラインを見込みやすくなり、ターンの終了ソウルに置かれることで2ターン後に再利用が狙えるようになる他、《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》永続能力の有効化に繋がり、攻守の安定性を高められる。
 バトルに参加してレストした後に《銀の茨の神竜使い ヴィーナス・ルキエ》《銀の茨の獣使い ロロット》コストに無駄なく利用してしまうのも良い。

 「銀の茨」のGユニット超越した時にヴァンガード1枚に『「銀の茨」のユニットソウルからリアガードサークルに登場した時にそのユニットパワー+3000を与える自動能力』を与える自動能力

 ヴァンガード1枚に対して《道化魔竜 ルナテック・ドラゴン》が得る能力を似た能力を与えることができる。
 そちらが得る能力と比べると効果量では優っているが、与える能力誘発条件は「銀の茨」のユニットソウルからリアガードサークル登場した時と厳しくなっている。

 この能力自体の誘発条件に対応する「銀の茨」のGユニットはいずれもソウルからスペリオルコールを行う起動能力を持っているが、それに対応するカードは「銀の茨」のカードに限定されているのでそちらとのコンボ性では気になりにくい。

 同時に《銀の茨のお手伝い ゼルマ》《銀の茨の道化師 セルネ》等の領域移動誘発で連鎖的にソウルから「銀の茨」のカードスペリオルコールする手段と併用すれば、増やせるパワーの総量を稼ぎやすい。

 《銀の茨の竜使い ルキエ》(BT07/004)と全く性質の異なる能力を持つので一概に比較しにくいが、あくまでも《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》等の永続能力要件を満たす目的で運用する程度であれば、ソウルで有効になる能力を持つこのカードの方が都合上機能しやすいので、こちらの方が扱いやすいだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3147 (2017-03-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3178 (2017-03-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3180 (2017-03-02)
    Q. メインフェイズ開始時とはいつですか?このタイミングでノーマルコールや起動能力は使えますか?
    A. メインフェイズに移行した直後のタイミングです。この時点ではまだノーマルコールなどのメインフェイズに行なう行動はできません。
  • Q3182 (2017-03-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q3183 (2017-03-02)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか??
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q3191 (2017-03-02)
    Q. 起動や自動の【リミットブレイク】を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが3枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。
  • Q3196 (2017-03-02)
    Q. このユニットの能力でコールされたユニットが、そのターン中に、ドロップゾーンに置かれました。ターンの終了時に、ドロップゾーンに置かれたそのカードをソウルに置きますか?
    A. いいえ、置きません。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、コールされたカードとは別のカードとして扱われます。
  • Q3197 (2017-03-02)
    Q. 複数のユニットが同時にソウルからリアガードサークルに登場した場合、この能力は何回発動しますか?
    A. ソウルからリアガードサークルに置かれたユニットの枚数分発動します。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター月夜のラミーラビリンスG-CHB03/008 RR イラスト/ルキエは鞭を選ばない。
G-CHB03/S05 SP イラスト/(※なし)