銀の茨の竜使い(シルバーソーン・ドラゴンテイマー) ルキエ》(ストライドスキル) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ペイルムーン - エルフ パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【ソウル】【リミットブレイク】(4):[【ソウルブラスト】(1) ‐ 他の「銀の茨」を含むカード] あなたのメインフェイズ開始時、コストを払ってよい。払ったら、このカードを(R)にコールする。そのターン中、このユニットのパワー+3000してよい。そうしたら、そのターンの終了時、このユニットをソウルに置く。
【自】【(V)】:あなたのターン中、あなたの「銀の茨」を元々含むGユニットが【超越】した時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、【自】(V)】:あなたの「銀の茨」を含むユニットがソウルから(R)に登場した時、そのターン中、そのユニットのパワー+3000。』を与える。

 月夜のラミーラビリンスで収録されたグレード3のペイルムーン

 リミットブレイクは、メインフェイズ開始時にエスペシャルソウルブラスト(1)で、自身をスペリオルコールし、その後、パワー+3000を与えることができ、そうしたら、そのターンの終了時に自身をソウルに置く自動能力

 リミットブレイクの制限付きだが、メインフェイズ開始時にソウルから自身をスペリオルコールできる。
 ソウルで有効になる性質上、《銀の茨の人形使い ユーフェミア》で有効化を補助することはできないが、有効化すればソウルの「銀の茨」のカード1枚をコストに1枚分のアドバンテージを稼げる有用な手段となる。
 このカードソウルに置く手段についてはライドあるいはソウルチャージ等のような偶発的な手段に頼る他にも、《銀の茨の曲芸師 ルカミア》を利用して山札から探して置くといった方法がある。

 使用した場合、ソウルから「銀の茨」のカードが2枚減り、さらにソウルに他の《銀の茨の竜使い ルキエ》がない場合は《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》永続能力も有効でなくなる点に注意しておきたい。

 追加効果では、ターンの終了時に自身をソウルに置く時限誘発の作成と引き換えにパワーを得られる。

 アドバンテージは得られなくなるものの、単独パワー14000のリアガードとなることでブーストと合わせてパワー21000ラインを見込みやすくなり、ターンの終了ソウルに置かれることで2ターン後に再利用が狙えるようになる他、《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》永続能力の有効化に繋がり、攻守の安定性を高められる。
 バトルに参加してレストした後に《銀の茨の神竜使い ヴィーナス・ルキエ》《銀の茨の獣使い ロロット》コストに無駄なく利用してしまうのも良い。

 「銀の茨」のGユニット超越した時にヴァンガード1枚に『「銀の茨」のユニットソウルからリアガードサークルに登場した時にそのユニットパワー+3000を与える自動能力』を与える自動能力

 ヴァンガード1枚に対して《道化魔竜 ルナテック・ドラゴン》が得る能力を似た能力を与えることができる。
 そちらが得る能力と比べると効果量では優っているが、与える能力誘発条件は「銀の茨」のユニットソウルからリアガードサークル登場した時と厳しくなっている。

 この能力自体の誘発条件に対応する「銀の茨」のGユニットはいずれもソウルからスペリオルコールを行う起動能力を持っているが、それに対応するカードは「銀の茨」のカードに限定されているのでそちらとのコンボ性では気になりにくい。

 同時に《銀の茨のお手伝い ゼルマ》《銀の茨の道化師 セルネ》等の領域移動誘発で連鎖的にソウルから「銀の茨」のカードスペリオルコールする手段と併用すれば、増やせるパワーの総量を稼ぎやすい。

 《銀の茨の竜使い ルキエ》と全く性質の異なる能力を持つので一概に比較しにくいが、あくまでも《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》等の永続能力要件を満たす目的で運用する程度であれば、ソウルで有効になる能力を持つこのカードの方が都合上機能しやすいので、こちらの方が扱いやすいだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

今や惑星に僅かしか残っていない、純粋な「竜操術(ドラゴンテイム)」の使い手――原初の「竜操者(ドラゴンテイマー)」の1人。千年以上容姿に変化が無いという逸話から、「ミレニアム・エルフ」という2つ名でも広く知られている。若きテイマーたちに「獣操術(ビーストテイム)」や竜操術を伝授したのは彼女であり、“ペイルムーン”創設にも何らかの形で関わっているのでは、という噂もある。現在は表舞台だけでなく、歴史の影にすら名を出さず、自前の隠れ家でのんびりと毎日を過ごしているという。彼女の隠れ家は、神聖国家の高度探知魔法すら欺く「旧世魔法(エンシェント・マジック)」で隠されており、直属の配下である「銀の茨の従僕(シルバーソーン・サーバント)」の中でも、信頼が厚い者以外は大まかな場所すら知らない。しかし、半ば隠居を決め込んでいた彼女の前に、運命はある青年を送り届けた。復讐のため、竜に転じようとする青年に、彼女は何を語ろうというのだろうか。

◆ルアードの調査日記(旧世竜+傍受した謎の通信)
「旧世竜(エンシェント・ドラゴン)」の情報は神聖国家にはほとんど残っていない。ルキエから聞いた話を、とりあえずここに記す。旧世竜は半ば絶滅した古の種族。今ではもう、ルキエに従わされている数頭しか残っていない。自然発生した生物ではなく、帝国が創り上げた半魔法生物。帝国に住む一般的な竜のような、会話の通じる連中ではなく、「破壊」や「暴虐」といった破滅的な用語がぴったりの殺戮兵器だったらしい。そいつらを無力化する力を持っていたのが、ルキエたち「操者(テイマー)」だった、という話だ。
【追記:追手の通信を傍受するために撒いた探知魔法が妙な会話を拾った。宇宙、リンク、アベイダ、オスブレ、ブツ切れだが、エラく慌てた様子でこんな単語が聞こえた。宇宙人が何か企んでるとか……まさかな。】

FAQ 節を編集

  • Q3147 (2017-03-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3178 (2017-03-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3180 (2017-03-02)
    Q. メインフェイズ開始時とはいつですか?このタイミングでノーマルコールや起動能力は使えますか?
    A. メインフェイズに移行した直後のタイミングです。この時点ではまだノーマルコールなどのメインフェイズに行なう行動はできません。
  • Q3182 (2017-03-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q3183 (2017-03-02)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか??
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q3191 (2017-03-02)
    Q. 起動や自動の【リミットブレイク】を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが3枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。
  • Q3196 (2017-03-02)
    Q. このユニットの能力でコールされたユニットが、そのターン中に、ドロップゾーンに置かれました。ターンの終了時に、ドロップゾーンに置かれたそのカードをソウルに置きますか?
    A. いいえ、置きません。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、コールされたカードとは別のカードとして扱われます。
  • Q3197 (2017-03-02)
    Q. 複数のユニットが同時にソウルからリアガードサークルに登場した場合、この能力は何回発動しますか?
    A. ソウルからリアガードサークルに置かれたユニットの枚数分発動します。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター月夜のラミーラビリンスG-CHB03/008 RR イラスト/ルキエは鞭を選ばない。
G-CHB03/S05 SP イラスト/(※なし)