銀の茨の神竜使い(シルバーソーン・ドラゴンマスター) ヴィーナス・ルキエ/Silver Thorn Dragon Master, Venus Luquier》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ペイルムーン - エルフ パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】【Gブレイク】(3):[あなたの「銀の茨」を含むリアガードを2枚選び、ソウルに置く] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのクリティカル+1。
【起】【(V)】【ターン1回】:[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンからこのユニットと同名の裏のカードを1枚選び、表にする] あなたの「銀の茨」を含むハーツカードがあるなら、ソウルから「銀の茨」を含むカードを1枚選び、(R)にコールする。

 月夜のラミーラビリンスで収録されたペイルムーンGユニット

 ジェネレーションブレイク(3)は、アタックした時に「銀の茨」のリアガード2枚のソウルインで、クリティカル+1を得る自動能力

 クリティカルの増加を行うことができるが、利用するにはGゾーンの表のカードと「銀の茨」のリアガードをそれぞれ2枚以上揃えておく必要がある。
 クリティカルを得るだけならリアガードを消費する必要のない《道化魔竜 ルナテック・ドラゴン》もいるので見劣りしやすい。
 ただし、《銀の茨のお手伝い ゼルマ》等のソウルに置いてあった方が都合の良いカードリアガードサークル経由でソウルに置く手段としても利用でき、2ターン後に《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》《夢踊る彩翼 ミルワード》等の高効率のスペリオルコール能力を利用する予定があるのであれば、多少気になりにくい面もある。

 適当な「銀の茨」のカードハーツ化して起動能力を使っておけばそのコスト効果でそれらのカードを1枚ずつ調達できるので、Gゾーンの表のカードが1枚の状態から1枚分のディスアドバンテージでの利用が可能となる。

 2つ目の能力は、1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGゾーンの自身と同名の裏のカード1枚を表にすることで、「銀の茨」のハーツカードがあるなら、ソウルから「銀の茨」のカード1枚をスペリオルコールする起動能力

 「銀の茨」のカードハーツ化が必須となるが、手頃なコストソウルから「銀の茨」のカードスペリオルコールしてアドバンテージを稼げる。

 コストGゾーンの表のカードも稼げるのでGゾーンの表のカードが1枚の状態から自動能力を有効にする補助手段になる。
 Gゾーンに表のカードがない状態で利用した場合でも、《異界の大奇術 フェアフィールド》《仮面の神竜使い ハリー》能力の有効化を早められるので、それらの繋ぎ役として利用できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

それはある未来の話。新皇帝の即位が発端となり、帝国が本格的な世界侵略へと乗り出した世界。彼らの暴挙に対抗するため、「ルキエ」は「竜操術(ドラゴンテイム)」を独自に発展させ、新たな力「竜統術(ドラゴンドミネーション)」を生み出した。かつて侵略者“リンクジョーカー”によって植え付けられ、今なおその身に残されし魔性の力「虚無(ヴォイド)」。彼女は再び呪われた力に手を染め、あらゆる竜を意のままに操る術を完成させたのである。竜統術――それは竜を自らの意思で「屈服」させる竜操術とは違う、純然たる「支配」を目的とした禁断の秘術。銀茨の鞭に絡め取られ、彼女の瞳に魅入られた竜は、自我を失った従僕と化す。今、彼女が求める物はただひとつ……元凶たる新皇帝の命のみ。蒼の左眼に同胞への哀悼を、紅眼に右眼に仇への憎悪を宿し、白き女皇が海を越える。幾千の竜を従え、幾万の竜を滅ぼすために。

◆古き時代の生き証人「竜操者」
今やペイルムーンではポピュラーな職となった「ビーストテイマー」や「ドラゴンテイマー」。しかし、彼女たちが使う竜や獣を操る能力は、大戦が絶えなかった古き時代に開発された「操術(テイム)」と呼ばれる力を改良したものであり、原初の操術とは大きく異なる。この力が頻繁に使われていた時代には、「ルキエ」をはじめとする使い手が数多く存在した。彼らは自分の里や国を護るため、その力を行使していたのである。操術とは元来、猛獣や竜を無力化して配下とする、戦のための魔法。しかし、大戦の時代が終わり、ある者は天寿を全うし、またある者は凶刃に倒れ、時の流れと共に過去の遺産は世界から消えていった。残された者はどうしたか?彼らの多くは、時代に合わせて改良した新たな操術の口伝に尽力していたのだ。それは、過去を忘れていく世界に対し、「自分が存在した証を残したい」と願った、彼らなりの叛逆だったのかもしれない。

FAQ 節を編集

  • Q3146 (2017-03-02)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3147 (2017-03-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3153 (2017-03-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3154 (2017-03-02)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3156 (2017-03-02)
    Q. ハーツカードもソウルとして扱えますか?
    A. いいえ、ハーツカードはソウルではありません。
  • Q3167 (2017-03-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3168 (2017-03-02)
    Q. 「ターン1回」のアイコンを持っていないほうの能力を使った場合、「ターン1回」の能力は使えますか?
    A. はい、使えます。
  • Q3178 (2017-03-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター月夜のラミーラビリンスG-CHB03/003 RRR イラスト/役者は揃った。 最期の舞台を始めよう。
G-CHB03/S01 SP イラスト/(※なし)