異界の大奇術(パラレル・メガトリック) フェアフィールド/Parallel Megatrick, Fairfield》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ペイルムーン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
奇術 - 【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(3):[【カウンターブラスト】(2),あなたの、ドロップゾーンとソウルから1枚ずつ選び、山札に戻す] あなたのソウルから1枚選び、(R)にコールし、そのターン中、パワー+10000/クリティカル+1し、【起】(R)】:[【ソウルブラスト】(2)] そのターン中、このユニットのパワー+5000し、カードの効果で、このユニットは選ばれない。』を与え、山札をシャッフルする。そのターンの終了時、そのユニットをソウルに置く。

 月夜のラミーラビリンスで収録されたペイルムーンGユニット

 ジェネレーションブレイク(3)は、1ターンに1回、カウンターブラスト(2)とソウルドロップゾーンから1枚ずつを山札に戻すことで、ソウルから1枚をスペリオルコールし、パワー+10000/クリティカル+1と『ソウルブラスト(2)で、パワー+5000を得て、カード効果で選ばれなくなる起動能力』を与え、そのターンの終了時にそのユニットソウルに置く奇術起動能力

 使えるタイミングは遅めだが、ターンの終了ソウルに置く時限誘発付きのスペリオルコールを行い、パワークリティカル能力まで与えることができる。
 コストソウルドロップゾーンからトリガーユニット等を山札に補充する手段になる。
 ただし、直接アドバンテージにならない割りにコストのうちカウンターブラストはかなり重いので、利用する際は慎重に吟味したいところである。

 与える能力では、追加のパワーを得つつ、カード効果で選ばれなくなる継続効果を適用できる。

 プレイすれば、要求シールド値を稼ぎつつ、《炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン》《時空竜 ヘテロラウンド・ドラゴン》等の相手カード効果による妨害を受けにくくなるといった恩恵が受けられる。
 その一方で、ソウルの消費が加速し、こちらのカード効果でも選べなくなることで、スタンドトリガースタンド効果等との併用にも制限がかかるといった弊害もある。
 一長一短なので、状況や相手デッキの特徴を考慮した上でプレイするかどうかを決めたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3146 (2017-03-02)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3153 (2017-03-02)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3154 (2017-03-02)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3167 (2017-03-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3178 (2017-03-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3182 (2017-03-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q3192 (2017-03-02)
    Q. 奇術でコールされたユニットがターンの終了時にドロップゾーン等に移動していた場合はどうなりますか?
    A. ソウルには移動せず、そのままとなります。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、それは別のカードとして扱われます。
  • Q3200 (2017-03-02)
    Q. 「後列にいる相手のユニットをバトル中のユニットに選べる」能力や、複数のユニットとバトルできる能力で、「このユニットはカードの効果で選ばれない」能力を持ったユニットをアタックできますか?
    A. はい、できます。これらのカードの能力は「バトルフェイズにおけるアタックされるユニットを選択するルール」を変更する能力だからです。
  • Q3201 (2017-03-02)
    Q. 「星輝兵コールドデス・ドラゴン」「幻想の魔女フィアナ」のように、リアガードサークルを選ぶ能力で、「このユニットはカードの効果で選ばれない」能力を持ったユニットがいるサークルを選べますか?
    A. はい、選べます。この能力は、そのユニット自身を選ぶ効果では選択できなくなる能力のため、そのユニットがいるリアガードサークルは能力とは関係なく選ぶことができます。
  • Q3202 (2017-03-02)
    Q. 「時空竜クロノスコマンド・ドラゴン」のような「すべて~する」というような能力では、「このユニットはカードの効果で選ばれない」能力を持つユニットも影響を受けますか?
    A. はい、影響を受けます。「すべて~する」の場合はユニットを選んではいないので影響を受けます。「すべて選び、~する」の場合は“選ぶ”ので、この能力を持つユニットを選ぶことはできません。
  • Q3203 (2017-03-02)
    Q. 「相手は自分のリアガードを1枚選び、退却させる」のような、こちらの能力で相手が選択するタイプの効果で、相手は「このユニットはカードの効果で選ばれない」能力を持つユニットを選べますか?
    A. いいえ、選べません。相手が選ぶ効果であっても、その効果はあなたのカードのものだからです。相手はこの能力を持っていないユニットのいずれかを選択しなければならず、この能力を持つユニットしかいない場合は、何も起こりません。
  • Q3204 (2017-03-02)
    Q. 「このユニットはカードの効果で選ばれない」能力を持つ相手の前列のリアガードに対してアタックできますか?
    A. はい、できます。 
  • Q3205 (2017-03-02)
    Q. 「このユニットはカードの効果で選ばれない」能力によって効果を受けなくなるものと、効果を受けるものの見分け方はありますか?
    A. この能力は、カードテキストで「選び」「選ぶ」と書いてある能力で選ばれないという能力です。(ただし、アタックの対象には選べます)カードテキストに「選び」「選ぶ」と書いていない能力の場合、その効果を受けます。また、「選び」「選ぶ」と書いてあっても、直接選ばれなければ、効果を受けます。例えば「相手のリアガードを1枚選び、そのユニットと同じ縦列にいる相手のリアガード~」というテキストの場合、直接選ばれることはありませんが、効果を受けることがあります。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター月夜のラミーラビリンスG-CHB03/001 GR イラスト/田島幸枝ご覧入れましょう、これが未知なる魅惑の新世界!
G-CHB03/001 SGR イラスト/田島幸枝さあ、めくるめく
イリュージョン
の開幕です!