銀の茨の獣使い(シルバーソーン・ビーストテイマー) ロロット》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
ペイルムーン - ワービースト パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆
【自】【(R)】:[このユニットと、他のあなたの「銀の茨」を含むリアガードを1枚選び、ソウルに置く] あなたのターンの終了時、あなたの「銀の茨」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)し、あなたのソウルからグレード3のカードを1枚まで選び、手札に加える。

 月夜のラミーラビリンスで収録されたグレード0のペイルムーン

 ターンの終了時にカウンターチャージ(1)を行いつつ、ソウルからグレード3のカードを1枚まで手札に加えることができる。
 要件コストの関係からほぼ【銀の茨】専用となるが、コストソウルに置いたグレード3のカード手札に加えることができる。
 基本的には2:1交換で1枚分のディスアドバンテージが発生してしまう部分が欠点となる。

 ただし、リミットブレイクスペリオルコールされた《銀の茨の竜使い ルキエ》(ストライドスキル)《夢踊る彩翼 ミルワード》等の奇術能力によってスペリオルコールされたターンの終了時限誘発フィールドから離れる予定の「銀の茨」のリアガードコストに利用すれば実質的に1:1交換の効率で利用できる。
 加えてこのユニット自体もターンの終了時限誘発フィールドから離れる予定であれば、実質的にアドバンテージとなる。
 そうでなくても《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》を主軸とする【銀の茨】の場合は、大量のスペリオルコールを得意としているので、実際に運用する場合はそこまでコストは重く感じにくい。

 手札に加えるグレード3はノーマル超越コストとして利用する程度であれば特にどれでも支障は出にくいが、《銀の茨 マッシャー・ドラゴン》の様にリアガードサークルでの活躍を見込めるものを選択したいところである。
 ただし、こちらのコストにすることに適している《銀の茨の竜使い ルキエ》(ストライドスキル)手札に戻す場合は、《銀の茨の竜女皇 ヴィーナス・ルキエ》《銀の茨の竜女帝 ルキエ “Я”》等のクロスライドが解除されてしまうこともあるので複数の《銀の茨の竜使い ルキエ》(ストライドスキル)ソウルに置いておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3182 (2017-03-02)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。

収録情報 節を編集

キャラクターブースター月夜のラミーラビリンスG-CHB03/039 C イラスト/mado*pen獣使い(ビーストテイマー)の修業は、獣を檻から出すところから始まる。