獣神(じゅうしん) アズール・ドラゴン》(アクセル) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー12000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:登場時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、1枚引き、あなたの手札から1枚(R)にコールし、そのユニットで相手のヴァンガードにアタックする。そのアタックがヒットしなかったら、そのバトル終了時、そのユニットを【スタンド】する。
【自】【(V)】:アタックした時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、あなたのリアガード1枚を選び、【スタンド】する。

 救世の光 破滅の理で収録されるグレード3のノヴァグラップラー

 ノヴァグラップラーの中では貴重なカードアドバンテージを稼げる能力であり、手札の枚数を減らす事なくリアガードを増やす事できる利点だけでも大きく、スペリオルコールしたユニットアタックヒットしなければスタンドによりバトル回数を1回分増やす事ができる。
 仮にアタックヒットしてもレストしたリアガードを、《獣神 ヴァーミリオン・バード》(Vシリーズ)等でスタンドするか、手札等からユニットの重複処理が発生するようにコールして退却させることで、確実なバトル回数の増加を狙う事ができる。
 いずれの場合も同一のリアガードサークルユニットが何度もアタックする事となるので、パワー増加の恩恵を得られるアクセルで追加されたリアガードサークルを利用したい。
 ただし、スペリオルコールは強制なので、手札の枚数を増やす目的では利用できず、加えてアタックに適したカードを事前に手札に温存して置くことが無難だろう。

 また、メインフェイズ以前のアタックの利点としては、仮にアタックヒットした際に相手ダメージチェックの結果を見てから、メインフェイズリアガードの配置を考えたコールを行える事が挙げられる。
 ダメージチェックででたトリガーユニットトリガーアイコン効果により相手ヴァンガードパワーが上がりすぎた場合は、アタックヒットが見込めないカードを無理にコールせず、敢えて手札に温存しておくといった戦術も組みやすい。

 《パーフェクトライザー》(アクセル)等よりコストは軽いが、1体しかスタンドできないのでアクセルで強化したリアガードスタンドしていきたい。

 難易度やコスト競合の問題こそあるが、総合的に《獣神 ブラック・トータス》(Vシリーズ)との相性が良く、こちらの1つ目の自動能力によるアタックヒットしてレストしても、自力でスタンドアタックを行える。
 あちらの起動能力を1回と、こちらの自動能力2種を組み合わせるだけでも、《獣神 ブラック・トータス》(Vシリーズ)起動能力によるアタックヒットすれば《獣神 ブラック・トータス》(Vシリーズ)が3回、ヒットしなければ4回ものアタックが行える。

 プレミアムスタンダードでは、6ターン目以降でも1つ目の自動能力Gユニット超越を併用しつつアクセルの獲得もでき、有力なヴァンガード候補となる。

 【獣神】としても、「獣神」のサポートを受けつつアクセルの獲得ができるグレード3のカードとして優秀である。
 構築に制約があり、不確実性こそあるが、こちらのコスト等で消費しやすいカウンターブラストを使わずにリアガードスタンドを行える《究極獣神 エシックス・バスター・カタストロフ》等は中でもシナジーが強い。

  • アニメでは、2つ目の自動能力を使用する際にカウンターブラスト(1)ではなく、カウンターチャージ(1)を行っていた。台詞等は無かったので作画スタッフ側のミスの可能性が高いが、発売日より2か月以上早い登場だったので、その開発過程で変更となった可能性もある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースター救世の光 破滅の理V-EB06/003 VR イラスト:たにめそ絶え間なく仕掛ける!受けろ、征天無双獣神撃(セイクリック・シリアルバスター)
V-EB06/SV03 SVR イラスト:たにめそなし