日本号(にほんごう) -花丸(はなまる)-》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
刀剣乱舞 - 刀剣男士-槍 パワー15000+ / シールドなし / ☆1
(Gユニットはメインデッキに入れられない。お互いがグレード3以上なら超越でき、ハーツのパワーとカード名を得て、ターン終了時に表で戻る)
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】真剣必殺(あなたのダメージが3枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏の「日本号 -花丸-」を1枚選び、表にする] そのターン中、このユニットのパワー+10000し、このユニットがアタックしたバトルでは、相手は自分の手札からグレード1以上のカードを(G)にコールできない。

 刀剣乱舞-花丸-デッキセットで収録された刀剣乱舞Gユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)とGペルソナブラストで、パワー+10000を得て、自身がアタックしたバトルでは相手手札からグレード1以上のカードコールできなくなる真剣必殺起動能力を持つ。

 類似する《日本号》よりコストが重く、真剣必殺の制約があるものの6ターン目からの利用もある程度狙え、リアガードの枚数に依存せずに単体パワー36000となり、手札からコール制限も相手グレード1以上のカード全般を封殺するので、全体的に強力になっている。
 利用するタイミングは終盤になりやすいので、真剣必殺については気になりにくく、最大のパワーではやや劣るもののコール制限の範囲が広い分、基本的にこちらの方がフィニッシャーとして扱いやすくなっている。

 相手ガードせざるを得ない状況では、基本的に《久遠の時乙女 ウルル》等のように極端にシールドの増加量が多いGガーディアン等を利用されない限りは、相手シールドを多く消費させる事ができるだろう。

 また、【刀剣乱舞】のフィニッシャー向けのGユニットの中ではリアガードの存在にさほど依存しないので、【リンクジョーカー】の得意とする呪縛への対策としてもある程度利用しやすい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q3640 (2017-10-05)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3643 (2017-10-05)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3662 (2017-10-05)
    Q. 真剣必殺とは何ですか?
    A. あなたのダメージが3枚以上の時に有効になる能力です。
  • Q3663 (2017-10-05)
    Q. 起動や自動の真剣必殺を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが2枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクション刀剣乱舞-花丸-デッキセットG-THD02/003 ©2016 アニメ「刀剣乱舞-花丸-」制作委員会三槍が揃ったな