抹消者(イレイザー) ドラゴニック・ディセンダント/Eradicator, Dragonic Descendant》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【リミットブレイク】(4):[【カウンターブラスト】(1),あなたの手札から「抹消者」を含むカードを3枚選び、捨てる] このユニットがアタックしたバトルの終了時、そのバトル中、アタックがヒットしていなかったら、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、クリティカル+1。そのターン中、この能力は使えなくなる。(コストを払わなくても使えなくなる)
【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2) - 「抹消者」を含むカード] そのターン中、このユニットのパワー+5000。
【永】【(V)/(R)】:盟主

 騎士王凱旋で収録されたグレード3のなるかみ

 リミットブレイクは、1ターンに1回、アタックしたバトルの終了時にそのバトル中、ヒットしていなかったら、カウンターブラスト(1)と手札の「抹消者」のカード3枚のドロップで、自身をスタンドし、クリティカル+1を得る自動能力

 誘発条件要件《破壊竜 ダークレックス》と似ているが、別のユニットになることでヴァンガードトリガー効果を与えることが出来ない《破壊竜 ダークレックス》と違い、こちらは自身がトリガー効果の恩恵を受けることが出来るという利点がある。
 バトルの結果に依存しない《スペクトラル・デューク・ドラゴン》と比べると、「そのターン中、使えなくなる」という制限があるもののツインドライブ!!を失わないので3:2交換のカード消費となり発生するディスアドバンテージが1枚分となり、トリガー効果の発動も期待しやすい。

 その上スタンドすると同時にクリティカルが増加するため、相手ダメージゾーンが4枚の状況で「ガードせずクリティカルトリガーが出て敗北するリスクを背負うか、2回のアタックを両方ガードするか」という2択を迫ることができるのは極めて強力。

 自身の起動能力パワーを増加させれば実質的にシールド10000を追加で要求ができ、ブレイクライド等でもパワーを増やせばより多くのシールドを削ることができる。
 インターセプト要員を削られた上で単体パワー21000以上が2回もスタンドしてくる様は相手からしてみれば防ぎにくいことこの上ないだろう。

 ただしその分、コストはそれなりに重い。
 カウンターブラストは少ないものの、手札の「抹消者」のカード3枚のドロップという点が難点になり得る。
 メインデッキのほとんどを「抹消者」のカードにするのは容易ではあるが、手札が少ない場合にはドライブチェック手札に加えることができるかどうかの博打になってしまうことがある。
 また、使用しなかった場合に比べて手札は1枚減る計算になるので、万が一倒し切れなかった場合の防御には少し不安が残る。

 相手パワー12000以上のユニットがいる場合、あえてブーストを付けずにそのユニットアタックし、ヒットさせないことによって能動的に要件を満たすことができる。
 基本的には相手ガードさせた上で追撃を行った方が優位に立ちやすいが、どうしても確実にクリティカル+1を得た状態でヴァンガードアタックしたい状況であれば検討する余地はある。

 「とどめを刺す」ことにかけては屈指の性能を持つカードであるため、終盤で手札にあれば再ライドしてでも使う、という選択肢も十分に考えられる。

 《灼熱の獅子 ブロンドエイゼル》《真紅の奇跡 メタトロン》と同じく《抹消者 ストライクダガー・ドラゴン》《剣舞の抹消者 ヒセン》《覇軍の抹消者 ズイタン》によるスペリオルライドサポートが存在しているため、ライドを安定させやすい点も優秀だが、スペリオルライドに必要なカードが同じそれらの中でも扱いにくいのが少々足を引っ張っている。
 また、前述の通りこのカードリミットブレイクが有効かつ相手ダメージゾーンが4枚以上という詰めの段階で力を発揮するので、早い段階でライドする利点も起動能力パワー11000の防御力、増えるソウルを活用しないのであれば比較的薄い。

  • これ以降のヴァンガードサークル上で有効になる自身をスタンドする能力に付属する継続効果は、「そのターン中、このユニットは『ツインドライブ!!』を失う。」から「そのターン中、この能力は使えなくなる。」に移行している。
  • 2013/5/11より施行のファイターズルールにより、デッキ投入規制がかけられていた。
    • このカードを採用した【抹消者】が直前の大会環境で猛威を振るったために、2013/5/11施行のファイターズルールでは唯一の追加規制対象となった。
    • 2013/1/1での規制は最短でも1年近く前のカードが対象だったのに対し、このカードは発売から3ヶ月足らずという極めて短期間での指定となった。
    • 2014/8/18より施行のファイターズルールにより指定解除となった。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

全ての「抹消者」を束ねる“なるかみ”の現指揮官。 壮年の戦士が纏うような気迫と威圧感、一介の将では生涯持てないであろう圧倒的な存在感を兼ね備えた猛将。 帝国の秘宝である二対の「黙示録の剣」の片翼を担っている事から、その力量と皇帝からの強い信頼が伺える。 その信頼に応えるかの如く、帝国と皇帝にのみ忠誠を誓い他者に付き従う事をよしとしない難物の「抹消者」達を、彼はいとも容易くまとめ上げた。 強大な力による支配と、超大な存在による統率。 権勢までも手に入れ、およそ力で得られるであろう全てを揃えた剛の竜。 新たなる雷の進撃が、ここから始まる。

FAQ 節を編集

  • Q381 (2013-02-15)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q382 (2013-02-15)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか?
    A. コストとして支払うカードの条件です。条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンの「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q384 (2013-02-15)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q385 (2013-02-15)
    Q. [ ]のコストは、どちらかだけを支払えばいいのですか??
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q2735 (2016-11-10)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。特に回数制限がされていない起動能力はコストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも使うことができます。
  • Q2736 (2016-11-10)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q2737 (2016-11-10)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2771 (2016-11-10)
    Q. コストが[【カウンターブラスト】(2)-○○]などと表記されている場合、“○○”の部分はどういう意味ですか??
    A. コストとして支払うカードの条件を指定しています。そこに指定された条件を満たすカードだけで支払ってください。例えば、[【カウンターブラスト】(2)-《ロイヤルパラディン》]とあった場合、ダメージゾーンにある《かげろう》である「ドラゴニック・オーバーロード」ではコストを支払えません。表の《ロイヤルパラディン》のカード2枚を裏にして下さい。
  • Q2797 (2016-11-10)
    Q. 起動や自動の【リミットブレイク】を解決した後、そのターン中やバトル中にダメージゾーンが3枚以下になった場合、得た効果はなくなってしまいますか?
    A. いいえ、なくなりません。

収録情報 節を編集

ブースターパック騎士王凱旋BT10/006 RRR イラスト/DaisukeIzuka黙示録の剣……身を以てその意味を学ぶがよい!
BT10/S06 SP イラスト/DaisukeIzuka強さを求め続ける意志、それが誇り高き竜の血統。
ブースターパック天舞竜神G-BT09/Re:04 Re イラスト/DaisukeIzuka黙示録は語り継がれる。愚かなる者達を屠るために。