(あらし)忍鬼(にんき) フウキ/Tempest Stealth Rogue, Fuuki》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
ぬばたま - デーモン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く] あなたの《ぬばたま》のヴァンガードがいて、相手の手札が3枚以上なら、コストを払ってよい。払ったら、相手の手札からランダムに1枚選び、裏でバインドし、そのターンの終了時、相手はこの効果でバインドしたカードを手札に加える。

 絶禍繚乱で収録されたグレード1のぬばたま

 《忍竜 ドレッドマスター》等と異なり、相手に選ばせずランダムに裏でバインドできるため、詰めの局面では大きな威力を発揮する。

 バインドしたカードターンの終了時の時限誘発バインドゾーン経由で手札に加えられるため、単純に使うと1枚以上のディスアドバンテージになる。
 《夜霧の忍鬼 アギトマル》《忍獣 クロコ》とのコンボでガード強要にするなどすればディスアドバンテージの相殺も見込める。
 相手にとってはこの能力を使われた後の《夜霧の忍鬼 アギトマル》《忍獣 クロコ》自動能力誘発を阻止して減らされたカードを回収したいが、手札を減らされているためそれもままならないという状況になる。

 その他にも残影能力を利用した速攻の起点としても有用である。

 相手手札の枚数という要件があるものの、3枚以上とかなり緩く、2枚以下であれば既に相手にとって致命的な状況なので、基本的には気にする必要はないだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

ドラゴンエンパイアの諜報部隊にして隠密部隊“むらくも”と双璧を為す“ぬばたま”の忍。 この国では天狗と分類されているが、神族に区分される大天狗とも、妖怪に区分される烏天狗とも違う、余所の国から流れてきた外来の悪魔であり、今は嵐天狗とも呼ばれている。 風雨を中心に天候に影響する力を操るという、一見すると強力な妖怪に見えるかもしれないが、魔力量や単純な力だけで言うなら大天狗の方がはるかに上であり、彼の妖怪としての能力は取り立てて評価される程のものではない。 凡百の妖怪と比べて大差無い彼が注目を浴びる一番の理由は、その巧みなまでの話術にある。 決して無理には攻めず、戦いながらも語り掛け、心を乱し、動揺させ、その果てに出来た一瞬の隙のみを耽々と狙い続ける。 勝つ為に必要な物は強さだけではない。 彼と対峙すれば、それが嫌でも理解できるはずだ。

  • モデルは、藤原千方の四鬼の一人で、強風を繰り出して敵を吹き飛ばすという「風鬼」であろう。この藤原千方の四鬼は、忍者の原型であるともされている。

FAQ 節を編集

  • Q597 (2013-09-12)
    Q. このカードの効果でバインドしたカードがドロップゾーンに置かれました。ターン終了時にそのカードは手札にもどりますか?
    A. いいえ、もどりません。バインドゾーンからドロップゾーンに置かれているため、別のカードとして扱われるからです。
  • Q598 (2013-09-12)
    Q. 裏向きでバインドゾーンに置かれたカードの表を見ることはできますか?
    A. バインドゾーンに置かれたカードの持ち主のみ見ることができます。
  • Q602 (2013-09-12)
    Q. [ ]のコストのうち、どちらか片方だけ支払えばいいのですか?
    A. いいえ、両方支払います。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q642 (2013-09-12)
    Q. 「ランダムに」とはどのように行えばいいですか?
    A. カードの表を見ずに、全てのファイターがそのカードがどのカードなのか、わからない状態でカードを選んで下さい。

収録情報 節を編集

ブースターパック絶禍繚乱BT13/053 C イラスト/田口美穂強い奴が勝つとは限らない。
チャンスを作り、逃さない奴が勝つのさ。