伝承(でんしょう)聖騎士(せいきし) セルフェス/Divine Knight of Lore, Selfes》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
(Gユニットはメインデッキに入れることができない)
【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
(超越した時、ハーツ1枚のパワーとカード名を得る。このユニットはターンの終わりに表で戻る)
【自】【(V)】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの手札から好きな枚数選び、裏でバインドし、あなたのリアガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。そのターンの終了時、この効果でバインドされたカードをあなたの手札に加える。

 天命の聖騎士で収録されたロイヤルパラディンGユニット

 アタックした時にソウルブラスト(1)で、手札から好きな枚数を裏でバインドし、リアガード1枚にパワー+5000を与え、そのターンの終了時にこの効果バインドしたカード手札に加える自動能力を持つ。

 手札時限誘発付きで減らしつつ、リアガード1枚のパワーの補強を低コストで行える。

 手札の枚数が少なくなることで、勇敢能力が有効となったり相手《忍獣 ハガクレ》要件を満たされないようにするといった恩恵が受けられる。
 裏でバインドする枚数は好きな枚数とあるが直後のドライブチェック手札が3枚増えてしまうので、その後に手札が4枚以上となることで不都合が発生する場合には基本的にすべてをバインドすることになる。

 同様の単発効果起動能力で実行できる《ナイト・オブ・パワーチャージ》と比べると手札バインドできるタイミングが遅く、これによって有効化が狙える勇敢能力には制限があるが、こちらは《飛燕の騎士 クロウス》《儀典の騎士 ピル》等でバトルフェイズ中に増えた手札も処理することできるといった利点がある。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2854 (2016-12-08)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q2856 (2016-12-08)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q2860 (2016-12-08)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットから超越し、そのターンの終わりに超越したGユニットがGゾーンに戻った後にも、ターン終了時に発動する能力は発動しますか?
    A. はい、発動します。
  • Q2861 (2016-12-08)
    Q. ターン終了時に発動する能力を持つユニットの能力の誘発と、超越したGユニットがGゾーンに戻る処理や解呪などはどういう順序で解決するのですか?
    A. まず解呪、デリート解除、Gユニットの移動を同時に行ないます。その後、ターン終了時に誘発する能力が誘発し、解決されます。
  • Q2866 (2016-12-08)
    Q. バインドゾーンの裏向きのカードは公開情報ですか?
    A. いいえ、違います。バインドゾーンに裏向きで置かれているカードの情報は、そのカードのオーナーのみ見ることができます。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ天命の聖騎士G-TD11/001 イラスト/三好載克騎士達よ!己が心の弱さに打ち勝つのだ!
はじめようセットはじめようセット 天命の聖騎士