《ハイスピード・ブラッキー/Highspeed, Brakki》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
スパイクブラザーズ - ワービースト パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】:[【ソウルブラスト】(1)] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+5000し、そのバトルのクローズステップ開始時、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

 騎士王降臨で収録されたグレード2のスパイクブラザーズ

 《ジャガーノート・マキシマム》と同じ自動能力を持っている。
 単体でパワー14000に到達し、パワー+7000以上のブーストがあればパワー21000ラインに達する。

 単独のアタックパワー11000のユニットシールド10000を要求できない点では明確に劣るが、手軽に要求シールド値を1段階高められるだけで十分優秀であり、同様にリアガードサークルを空ける役としても重要性を持つ。
 ただし山札からスペリオルコールするのであれば、《ジャガーノート・マキシマム》の方が選ばれやすく、手札から直接コールする際に使用することが多い。

 混合クランデッキでも活躍させやすく、バトルの終了時に山札に戻る時限誘発も、山札グレード2のカードの枯渇が懸念される【ロイヤルパラディン】では大きな利点にできる。
 中でも《ナイト・オブ・ツインソード》スペリオルコールによる疑似スタンドユニットの重複処理を発生させることなく使用できるので非常に相性が良い。
 その他、《決闘龍 ZANBAKU》等の永続能力盟主といった他のクランリアガードがあることが不利益となる能力の有効化をある程度無視できるのも優秀である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「閃光」の異名を持ち、驚異的な初速と加速力を誇る、スパイクブラザーズのランニングバック。
走った軌跡にいくつもの残像を残していき、敵陣突破と撹乱を同時に実行する。
最高速に至った彼の実像を目視することは、まず不可能である。

FAQ 節を編集

  • Q62 (2012-01-14)
    Q. 『アタックした時』に発動する能力は、アタックした時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q73 (2012-09-20)
    Q. リアガードのこのユニットの『【ソウルブラスト】』は、ヴァンガードの下にあるソウルから払うのですか?
    A. はい。リアガードにソウルが置かれることはありませんので、リアガードの能力であっても、ヴァンガードの下のカードをドロップゾーンに置きます。

収録情報 節を編集

ブースターパック騎士王降臨BT01/074 C イラスト/村瀬倫太郎閃光のランニング・バック。