断罪(だんざい)騎士(きし) ボールス/Knight of Conviction, Bors》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがアタックした時、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 聖域の光剣士で収録されたグレード3のロイヤルパラディン

 地味だがそれだけに扱いやすく、リアガードから単体でクロスライドしたヴァンガードにさえヒットを狙えるのは明確な長所である。

 《小さな賢者 マロン》《繊月の騎士 フェレックス》ブーストして能力を使えばパワー21000ラインに達し、強力なアタック要員となれる。

 同じく単独パワー13000となることが可能な《爆炎の剣士 バロミデス》と比べると、ヴァンガードではあちらの能力が安定しないので一長一短だが、元々リアガードサークル上での運用を中心に考えるカードなので劣る点の方が明らかに大きい。
 せいぜい向こうはGユニットと相性が悪い程度となる。

 ロイヤルパラディン以外のグレード3を採用するならこのカードの安定性が上回るため、混合クランデッキなら採用を検討できる。5枚目以降という見方もできるが、そこまでしてリアガードグレード3のみを増やすことはあまりないだろう。

 同じ性能を持つカードとして《青炎の探索者 タラニス》等が存在するが、5枚以上採用したい場合でなければ好きなものを、「探索者」のサポートを扱うなら《青炎の探索者 タラニス》を優先することになる

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

いかなるときも司法書を手放さない「裁判官」としての資格を有する優秀な騎士。
罪人を裁くことを生きがいとしており、相手の行いから罪の欠片を見つけ出すことができる。
自らが敵と定めた者には一切の容赦がなく、「断罪の鎖(ギルティ・チェイン)」により自由を奪った後、
罪状を読み上げながらその身を切り裂く。

  • 「ボールス(Bors)」は「アーサー王伝説」に登場する円卓の騎士の一人。ランスロット卿の従兄弟であり、ランスロット卿を助けるかたちでたびたび活躍する。

FAQ 節を編集

  • Q62 (2012-01-14)
    Q. 『アタックした時』に発動する能力は、アタックした時コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。

収録情報 節を編集