征天覇竜(せいてんはりゅう) ドラゴニック・カイザー・ワーニング/Conquering Supreme Dragon, Dragonic Kaiser Warning》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
なるかみ - サンダードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1),Gゾーンから裏の「征天覇竜 ドラゴニック・カイザー・ワーニング」を1枚選び、表にする] あなたの「カイザー」を含むハーツカードがあるなら、そのターン中、このユニットは『【永】【(V)】:このユニットは1回のアタックで相手の前列のユニットすべてとバトルする。』『【自】(V)】:このユニットのアタックがヒットした時、他のあなたのユニットを2枚まで選び、そのターン中、パワー+5000。』を得る。

 ファイターズコレクション2015 Winterで収録されたなるかみGユニット

 1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とGペルソナブラストで、「カイザー」のハーツカードがあるなら、『1回のアタック相手前列ユニットすべてとバトルする永続能力』と『アタックヒットした時に他のユニット2枚までにパワー+5000を与える自動能力』を得るジェネレーションブレイク(2)の起動能力を持つ。

 事前に他のGユニット超越またはコールした上で「カイザー」のカードハーツ化するという下準備に手間がかかるが、相手前列ユニットすべてとバトルを行い、ヒットした時に他のユニットパワーを与える2つ能力を得られる。

 得られる能力の内、永続能力では相手インターセプトを潰しつつ2枚のバトルでの退却を狙える。
 同様の能力を得られる《ドラゴニック・カイザー・ヴァーミリオン》等と異なり、同時に得る自動能力で後続のユニットパワーを増やして要求シールド値の確保が行えるので、後続のユニットさえ確保できていれば高いフィニッシャーとして性能を発揮できる。

 得られる自動能力では、相手前列リアガードは2枚と仮定してリアガード2枚に対して、基本的にはパワー+10000、ヴァンガードにもアタックヒットしたならさらに追加でパワー+5000の増加が狙えるが、《天水護将 イオアネス》《黄金獣 すれいみー・フレア》等でヒットするまでにバトル相手となるリアガードヒットを妨害したり、有効に処理されたりすると相手リアガード退却できないばかりか、パワーの増加すら行えないので、天敵となるカードの把握は必須といえる。

 使えるタイミングがほぼ同一の《征天覇竜 コンクエスト・ドラゴン》が苦手とする相手前列リアガードが2枚以上あったり、前列抵抗を持つリアガードそれを処理できない状況を補完し合うことができるので、上手く使い分けたい。

  • 超越時の台詞は「遍く大地に光あれ! 闇を切り裂く、雷の狂乱! ストライド・ザ・ジェネレーション! 《征天覇竜 ドラゴニック・カイザー・ワーニング》!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1365 (2015-12-17)
    Q. このカードの能力によって相手の前列のリアガードを含む複数のカードにアタックをしました。相手は前列のユニットで【インターセプト】できますか?
    A. いいえ、できません。アタックされているユニットは【インターセプト】できないからです。
  • Q1366 (2015-12-17)
    Q. このカードが能力によって相手の複数のユニットにアタックをしました。バトルの処理順を教えてください。
    A. バトルに関連する能力は通常のバトルと同様のタイミングで処理が行なわれます。ガードステップ以外は通常のバトルと違いはなく、ガードステップは以下の順で行なって下さい。1:ガーディアンをコールするファイターは、コールするカード1枚ごとに、アタックされているユニットの中から、どのユニットにガーディアンをコールするか選び、それらを同時にコールします。2:コールする際に選んだユニットにだけ、コールしたガーディアンのシールドの数値を、パワーに足す。
  • Q1367 (2015-12-17)
    Q. 複数のユニットと同時にバトルを行ないました。ドライブチェックはどうなりますか?
    A. 通常のアタックと同じドライブチェックを行ないます。例えばそのヴァンガードがツインドライブを持っているなら2回です。3枚のユニットに対してアタックしているからといって、3×2回ドライブチェックができるわけではありません。
  • Q1368 (2015-12-17)
    Q. このユニットがヴァンガードとリアガードに同時にアタックし、ヒットしました。ダメージチェックでトリガーが出て、相手がそのバトルでアタックされているリアガードのパワーを上げ、アタックしたヴァンガードのパワーを上まわった場合、そのリアガードは退却しますか??
    A. はい、退却します。そのバトルでヒットすることが確定したユニットは、その後にパワーが増減しても、そのバトルのダメージステップに退却します。
  • Q1369 (2015-12-17)
    Q. 「前列すべてとバトルする」等の能力で、双闘しているヴァンガードにアタックするときはどうなりますか?
    A. 双闘20000等の起動能力を持っているほうにのみアタックできます。双闘相手として指定されているほうをアタック相手として選ぶことはできません。
  • Q1370 (2015-12-17)
    Q. 「後列にいる相手のユニットをバトル中のユニットに選べる」能力や、複数のユニットとバトルできる能力で、「抵抗」持ちユニットをアタックできますか?
    A. はい、できます。これらのカードの能力は「バトルフェイズにおけるアタックされるユニットを選択するルール」を変更する能力だからです。
  • Q1371 (2015-12-17)
    Q. 複数のユニットに対してアタックした場合、「ヒットした時」の能力はそのユニットの分だけ発動するのですか?
    A. はい、そうです。
  • Q1372 (2015-12-17)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。

収録情報 節を編集

スペシャル/コレクションファイターズコレクション2015 WinterG-FC02/004 GR イラスト/増田幹生「戦は数」それは一面の真理にすぎない。
PRカード掴み取れ未来! ディペンドカードキャンペーンG-FC02/004 GR DEPEND イラスト/増田幹生「戦は数」それは一面の真理にすぎない。