()(ほこ)るラナンキュラス アーシャ/Ranunculus in Glorious Bloom, Ahsha》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
ネオネクタール - バイオロイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1),Gゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] あなたの「ラナンキュラス」を含むハーツカードがあるなら、あなたのユニットを1枚選び、山札からそのユニットと同名のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルし、この効果でコールされたユニットと同名のユニットを4枚まで選び、そのターン中、Gゾーンの表の「夢紡ぐラナンキュラス アーシャ」1枚につき、パワー+5000。あなたの(R)にこのユニットと同名のユニットがいるなら、そのターン中、このユニットのクリティカル+1。

 刃華超克で収録されたネオネクタールGユニット

 ジェネレーションブレイク(2)は、1ターンに1回、カウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にすることで、「ラナンキュラス」のハーツカードがあるなら、ユニットを1枚選び、山札からそのユニット同名のカードを1枚までスペリオルコールし、そのユニット同名ユニット4枚までにGゾーンの表の《夢紡ぐラナンキュラス アーシャ》1枚につきパワー+5000を与え、また、リアガードサークルに自身と同名ユニットがいるなら、クリティカル+1を得る起動能力

 「ラナンキュラス」のハーツカードがあることを要件とする効果は、ユニット1枚を選び、山札からそのユニット同名のカードスペリオルコールする単発効果とそのユニット同名ユニットパワーを与える継続効果

 スペリオルコールを行う単発効果《夢紡ぐラナンキュラス アーシャ》起動能力の追加効果と比べると、ヴァンガードも選べることを除けば似たような使い勝手となる。
 使えるタイミングやコスト《夢紡ぐラナンキュラス アーシャ》能力の兼ね合いから、《夢紡ぐラナンキュラス アーシャ》超越した後かコスト《夢紡ぐラナンキュラス アーシャ》を表にした上で継続効果の利用可能な状態での使用が望ましい。

 継続効果単発効果コールしたユニット同名ユニット4枚までに《夢紡ぐラナンキュラス アーシャ》1枚につきパワー+5000を与えるというもの。

 《夢紡ぐラナンキュラス アーシャ》起動能力で得る起動能力と比べると、効果対象の制限は変わっているが爆発力は高まっている。
 多少コストが嵩みやすくなるが要件に対応する《ラナンキュラスの花乙女 アーシャ》能力を併用することで同名ユニットを3枚並べることができるので、効果対象の確保はしやすい。
 1枚辺りに与える数値は1枚分の効果でもパワー+5000、2枚以上ならパワー+10000以上と効率が良い。

 これらの効果を最大限に活かすのであれば、フィールドには極力同名ユニットを2~3枚並べておきたいところ。
 《理想の乙女 トゥーリア》《桃園の乙女 エルミ》を利用すれば、コストの競合やタイムラグ等の問題も起こしにくいので狙いやすい。

 リアガードサークルに自身と同名ユニットがいることを要件とする効果は、クリティカル+1を得る継続効果

 この能力を使用する前から、このカードかこのカードハーツカードからカード名を得ているカード同名ユニットがいれば、「ラナンキュラス」のカードハーツ化せずともクリティカルを得られる。
 《メイデン・オブ・フラワースクリーン》《理想の乙女 トゥーリア》等を利用すれば、要件を満たすのはそう難しくはない。

 また、コストに含まれているソウルブラストソウルにあるノーマルユニットドロップゾーン送りにして《理想の乙女 トゥーリア》《早咲きの乙女 ピア》等のコスト稼ぎの用途に利用できる。
 《花房の乙女 サリアンナ》《アネモネの銃士 スザンナ》と併用するのでも無ければ、それらの起点として機能させることができる。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG ギアースクライシス編」では安城トコハが使用するカード
  • 「ストライドゲート編」でも引き続き使用。
  • 超越時の台詞は「ジェネレーションゾーン、解放!」「今こそ咲き誇れ、紡ぎ出す未来の光を受けて! ストライドジェネレーション! 《咲き誇るラナンキュラス アーシャ》!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「超越共鳴(ストライド・フュージョン)」の制御を習得し、新たな未来の可能性を宿すことに成功した「アーシャ」の姿。「夢紡ぐラナンキュラス」のさらに先で分岐した未来の姿であり、衣装や雰囲気が異なっている。聖域で勃発した内乱(影竜の乱)での救援――その礼をするため、“ネオネクタール”を訪れた「アルトマイル」の前で初めてこの姿を披露し、彼を驚かせた。彼女の持つ「フルブルーム」は、ひと振りするだけで国中の悪夢を祓う未来の装具。戦場以外でも活かせる力を得たことに、アーシャ自身強い喜びを感じている。また、超越共鳴を習得してからも、アーシャは時折「プリマヴェーラ」を呼び出し、相談相手になってもらっているらしい。大きな力を戦いの場以外で活かそうとする彼女の姿勢は、アルトマイルのみならず、今後も多くの有力者たちに衝撃を与えるだろう。

FAQ 節を編集

  • Q1909 (2016-02-18)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q1910 (2016-02-18)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1911 (2016-02-18)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1912 (2016-02-18)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q1913 (2016-02-18)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1914 (2016-02-18)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q1915 (2016-02-18)
    Q. 能力の「表のカードが○枚以上なら」のような条件はその能力のコストで表にしたカードも含まれますか?
    A. はい、含まれます。ただし、「表のカードが2枚以上なら、コストを払ってよい」等のように、コストの支払いに対して「表のカードの枚数」が条件になっている場合は含まれません。
  • Q1918 (2016-02-18)
    Q. 「ラナンキュラス」を含むハーツカードがなくても、このユニットと同名の自分のリアガードがいればクリティカルは+1されますか?
    A. はい、されます。
  • Q1919 (2016-02-18)
    Q. ハーツカードもソウルとして扱えますか?
    A. いいえ、ハーツカードはソウルではありません。
  • Q1920 (2016-02-18)
    Q. このユニットのコストで表にしたGゾーンのカードも、効果での枚数参照に数えてよいのですか?
    A. はい、数えます。
  • Q1921 (2016-02-18)
    Q. 複数のカード名を持っているカードを選んだ場合、探してくるカードはどうなりますか?
    A. 選んだカードが持っているカード名のうち、いずれか1つと同名であるカードを探してくることができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/002 GR イラスト/lack今、夢が咲き誇る。
ブースターパック超極審判G-BT08/S33 SP イラスト/lack(※なし)