古代竜(こだいりゅう) イグアノゴーグ/Ancient Dragon, Iguanogorg》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、あなたのカード名に「古代竜」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、このカードを(R)にコールする。

 封竜解放で収録されたグレード1のたちかぜ

 バトルフェイズ中の退却を組み合わせれば、疑似スタンドを狙うことができる。
 しかし、「古代竜」に属しているのは大きな利点であり、《古代竜 ディノクラウド》やなどの「古代竜」のリアガード退却コストで要求する能力に対応できる
 それらを中心として使う【古代竜】では、単にこのカード要件が満たしやすいというだけでなく、退却コストによるディスアドバンテージを抑えるために不可欠となるカードと言える。

 グレード1のカードなので前列に置くとパワーラインは低くなってしまうが、速攻においては力を発揮する。
 退却への耐性があるのでリアガード不足に陥らされるリスクも小さく、不揃いな縦列がそのまま残ってしまってもコストユニットの重複処理によって退却させれば難なく整え直せる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q425 (2013-04-26)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、コストを2回払って2回発動させることができますか?
    A. いいえ、できません。【自】は、『○○時』のタイミングにつき1回だけ発動します。コストも1回しか払えません。
  • Q446 (2013-04-26)
    Q. 「アタックした時」の自動能力でこのユニットをコストとして退却させました。このユニットの能力でこのユニットをアタックしたユニットの後列にコールした時、このユニットでブーストできますか?
    A. いいえ、できません。【ブースト】するユニットを選ぶタイミングは、「アタックした時」などの能力を解決する前のためです。
  • Q447 (2013-04-26)
    Q. 「古代竜ステゴバスター」がヴァンガードの時、「破壊竜ダークレックス」の【リミットブレイク】能力のコストとして「古代竜イグアノゴーグ」をドロップゾーンに置きました。「古代竜イグアノゴーグ」の能力でコールできますか?
    A. いいえ、コールできません。自動能力の解決中に他の自動能力は解決されません。自動能力のコストは解決時に支払われるため、「破壊竜ダークレックス」の【リミットブレイク】能力が解決された後に、「古代竜イグアノゴーグ」の能力が解決されます。そのため、「古代竜イグアノゴーグ」の自動能力が解決される時には、ヴァンガードが「破壊竜ダークレックス」なので、コストを支払えません。

収録情報 節を編集

ブースターパック封竜解放BT11/037 R イラスト/ショースケ不撓不屈、絶対不滅……奴らは決して滅びない。