《ドリームライト・ユニコーン/Dreamlight Unicorn》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
エンジェルフェザー - ハイビースト パワー8000 / シールド5000 / ☆1
【自】:[【カウンターブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのダメージゾーンから表のカードを1枚選び、回復する。
【自】:このユニットが(R)から離れた時、あなたの山札の上から2枚見て、1枚探し、ダメージゾーンに表で置き、残りを山札の下に置く。
【永】【(V)/(R)/(G)】:抵抗(相手のカードの効果で選ばれない)

 討神魂撃で収録されたグレード2のエンジェルフェザー

 1枚の回復が行えるが、回復できるのは表のカードのみなので、ダメージゾーンに表のカードが2枚以上必要となる。
 また、リアガードサークルから離れてしまうともう1つの自動能力デッキトップから1枚が表で置かれることになる。
 そのため、ダメージゾーンカードが多く置かれているほど、リアガードサークルに維持し続けておく必要がある。

 幸い、抵抗を持っていることで相手退却デッキボトム送りの能力の大部分を回避することはできる。
 このカード前列要員なのでバトルでの退却を狙われやすく、インターセプトに使うことも躊躇われやすい。

 ダメージゾーンの枚数に余裕があるならこのカードをあえてインターセプトすることで、《看護師長 シャムシャエル》等のダメージゾーンカードが置かれた時の自動能力相手ターン中での誘発の起点として利用することができる。

 一番安全なコール先は中央列後列リアガードサークルだろう。
 中央列前列は、Gユニット超越ヴァンガード双闘によってパワーを稼ぎやすいのでブーストできないリスクは抑えやすい。
 また《炎帝龍王 ルートフレア・ドラゴン》《煉獄竜 ブレイクダウン・ドラゴン》能力等でこのカードと同じ縦列横列にいる他のリアガードに巻き込まれる形でリアガードサークルから離れさせられるリスクも無視できる。

 ただし、ダメージゾーンが5枚の際にリアガードサークルから離れてしまうとその時点で敗北が確定する点には注意が必要。
 その他、《抹消者 テンペストボルト・ドラゴン》《査察の魔女 ディアドリー》等の効果ユニットを選ばない、もしくはリアガードサークルを指定する能力を使われて場を離れた場合、その時点で敗北が確定してしまうので注意したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1168 (2015-08-27)
    Q. 「回復する」とはなんですか?
    A. ダメージゾーンのカードをドロップゾーンに置くことです。
  • Q1169 (2015-08-27)
    Q. このカードの回復は、相手と自分のダメージゾーンの枚数差とは関係なく回復できるのですか?
    A. はい、そうです。ヒールトリガーとは異なり、あなたのダメージの枚数が相手より少ない状態でも回復できます。
  • Q1221 (2015-08-27)
    Q. 「リアガードサークルから離れた時」はどのような時ですか?
    A. このユニットがリアガードサークル以外のゾーンに移動した時です。例えば、インターセプトをしてガーディアンサークルに移動した時やカードの効果などでドロップゾーンや山札に移動した時になります。
  • Q1222 (2015-08-27)
    Q. 呪縛は「リアガードサークルを離れた」ことになりますか?
    A. いいえ、呪縛は領域移動ではありません。したがって、リアガードサークルを離れたことにはなりません。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/052 C イラスト/ウスダヒロそれは、一夜だけの夢。