大帝竜(たいていりゅう) ガイアダイナスト/Great Emperor Dragon, Gaia Dynast》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
たちかぜ - ディノドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】:暴喰
【自】【(V)】【Gブレイク】(3):このユニットがあなたのリアガードを退却させた時、【カウンターブラスト】(1)を払ってよい。払ったら、そのカードを(R)にコールし、そのターン中、そのユニットとこのユニットのパワー+3000。
【自】【(V)】:[あなたのGゾーンから裏の「大帝竜 ガイアダイナスト」を1枚選び、表にする] このユニットが暴喰状態になった時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを1枚選び、そのユニットと同じ縦列にいるリアガードすべてを退却させ、【カウンターチャージ】(1)。

 剣牙激闘で収録されたたちかぜGユニット

 2つ目の能力は、自身がリアガード退却させた時にカウンターブラスト(1)を払うことができ、払ったら、そのカードスペリオルコールし、そのユニットと自身にパワー+3000を与えるジェネレーションブレイク(3)の自動能力

 自身の暴喰能力または暴喰状態になった時の能力効果退却させたリアガードスペリオルコールすることができる。
 主に暴喰能力を起点とするバトルフェイズ中に行えるスペリオルコールなので容易に疑似スタンドを狙うことができる。
 ジェネレーションブレイク(3)の制限があるため最速の6ターン目での利用はできないが、暴喰状態になった時の能力の後に利用するならGゾーンに表のカードが1枚の段階からの利用が狙える。
 このカード暴喰能力を使わずにこのカード暴喰状態にすることが可能な《滑空竜 ディモルグライド》《フルファイアエルク》と組み合わせると、暴喰状態になった時の能力を利用してから暴喰能力を利用可能となり、結果的に疑似スタンド狙いのスペリオルコールが狙える機会が増えるため積極的に狙いたい。

 3つ目の能力は、暴喰状態になった時にGペルソナブラストで、リアガードを1枚選び、そのユニットと同じ縦列にいるリアガードすべてを退却させ、カウンターチャージ(1)する自動能力

 暴喰能力効果退却させるリアガードとは別に効果退却させるリアガードが必要となるが、2つ目の自動能力スペリオルコールしたリアガードも選ぶことができる。
 暴喰能力による消費も考慮して最大で2:2交換の効率での利用が可能となり、Gゾーンに表のカードがある状態で利用したなら2つ目の能力でこの効果退却させたカードの疑似スタンドにも繋げることができる。
 ただし、先に効果で選ぶ予定のリアガードからアタックすると、相手退却によるディスアドバンテージを軽減するためにインターセプト等で処理してくることが予想されるので2つ目の自動能力による疑似スタンドと効率の良いリアガード退却を両立させるのは中々難しい。
 《暴力装置 ハンマーゲバルト》等の他の暴喰状態になった時の能力を持つGユニットとは異なり《フルファイアエルク》効果暴喰状態にした場合でも問題なく利用可能なので、そちらの能力と併用してそのメインフェイズ等のタイミングでの利用も視野に入れておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q2083 (2017-02-02)
    Q. 複数のリアガードが同時にドロップゾーンに置かれた場合、このカードの能力は何回発動しますか?
    A. ドロップゾーンに置かれたカードの枚数分発動します。
  • Q2085 (2017-02-02)
    Q. この能力が誘発したあと、解決する前に「そのユニット」に該当するユニットがフィールドからいなくなっていた場合、このユニットは効果を得られますか?
    A. はい、得られます。
  • Q2106 (2017-02-02)
    Q. 暴喰状態のユニットが、もう一度アタックした時、暴喰でまたリアガードを退却させることはできますか?
    A. はい、できます。ただし、すでに暴喰状態である場合、暴喰状態から暴喰状態になることは無いので、「暴喰状態になった時」のような能力がもう一度発動することはありません。
  • Q2107 (2017-02-02)
    Q. 暴喰状態のユニットが複数回アタックし、そのたびに暴喰でユニットを退却させた場合、「このターンにこのユニットの暴喰能力の効果で退却させたユニット」の枚数は合計されますか?
    A. はい、合計されます。
  • Q2108 (2017-02-02)
    Q. 暴喰の効果で【ブースト】しているユニットを退却させた場合、【ブースト】で得たパワーはどうなりますか?
    A. 【ブースト】しているユニットがバトル中に退却した場合、【ブースト】によって増加したパワーは【ブースト】したユニットの分だけ減少します。
  • Q3988 (2018-10-05)
    Q. GB2を満たしている状態にて、「大帝竜 ガイアダイナスト」でアタックをし、リアガードを退却させ、暴喰状態にしました。 “暴喰状態になった時”の自動能力によってGB3になりますが、『暴喰』により退却させたリアガードを、GB3の自動能力でコールすることは可能ですか?
    A. いいえ、できません。『暴喰』によりリアガードが退却した時点では、GB3は満たされていない為、GB3の自動能力は発動していません。そのため、GB3を満たす前に退却していた、『暴喰』により退却したリアガードをコールすることはできません。ただし、“暴喰状態になった時”の自動能力により退却した縦列のリアガードは、GB3を満たした後に退却しているため、GB3の自動能力によりコールすることは可能です。
  • Q3989 (2018-10-05)
    Q. このカードにより、複数枚同時にリアガードを退却させた場合、GB3の自動能力により、カウンターブラストを(1)だけ支払い、そのすべてのリアガードをコールすることは可能ですか?
    A. いいえ、できません。カウンターブラスト(1)につき1枚のみがコールできます。「大帝竜 ガイアダイナスト」のGB3の自動能力は、「大帝竜 ガイアダイナスト」の何らかの効果により退却したリアガード1枚につき、1回ずつ発動し、コストを支払うことで、1枚ずつコールされます。『暴喰』により複数枚のリアガードが同時に退却している場合でも、その複数枚のカードをコールしたい場合、それぞれ1枚につき、1回ずつ、カウンターブラスト(1)を支払う必要があります。

収録情報 節を編集

ブースターパック剣牙激闘G-BT10/007 RRR イラスト/lack不朽の伝説。 その新章が大地に刻み込まれる。
G-BT10/S05 SP イラスト/lack(※なし)