《トライホール・ドラコキッド/Tri-holl Dracokid》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】:このユニットがアタックした時、あなたの《アクアフォース》のヴァンガードがいて、そのターンで3回目以降のバトル中なら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 竜騎激突で収録されたグレード0のアクアフォース

 リアガードサークル限定だが《コーラル・アサルト》などと同じ能力を持ち、単体パワー8000。
 3回目以降という点も鑑みると、4ターン目以降となると単独でのヒットを見込むのは厳しくなってくる。

 しかし、《ケルピーライダー ポロ》《ティアーナイト テオ》ブーストを受ければ最低限の水準と言えるパワー16000ラインを作れるため、終盤まで不足のない前列を務めていける可能性がある。

 もし邪魔になればユニットの重複処理退却させてしまうしかないという大きな問題を抱えるが、ファーストヴァンガードを単純な「手数の足し」として扱うつもりであれば、優れた働きができるカードである。

 また、《ストームライダー エウゲン》とのコンボとなるが、相手ヴァンガードパワー8000以下、つまりグレード1である2〜3ターン目で安定して3回のバトルが可能となる。
 具体的には、《ストームライダー エウゲン》で単独アタックし、後列のこのカードと位置を交換ヴァンガードアタックするした後、このカードアタックする。
 この際にドライブチェックスタンドトリガーを出れば《ストームライダー エウゲン》スタンドして、ブーストに回す事も狙える。

 無論、相手ダメージチェックトリガーユニットが出てしまうと難しくなるコンボだが、逆に言えばそれがなければ手札消費1枚で、相手ヴァンガードに合計3ダメージを与えるといったことを狙える。

 終盤でも、《ストームライダー エウゲン》ブーストして1回目のバトルを担当させれば、クロスライドしたヴァンガードにも届くパワー13000ラインに達し、位置を交換した後もスタンドトリガーでこのユニットスタンドすれば単体パワー13000に届くので、最低限の働きは期待できる。

 スタンドトリガー主体のデッキは早い段階で相手ダメージゾーンを5枚にして追い込みたいので、ダメージレースで優位に立てる可能性があるこのコンボは覚えていて損はないだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q342 (2012-12-07)
    Q. そのターンで3回目以降のバトル中や4回目以降のバトル中とは、3回目や4回目のバトル中も含まれますか??
    A. はい、含まれます。3回目以降であれば3回目、4回目以降であれば4回目のバトルも含まれます。
  • Q367 (2012-12-07)
    Q. 『そのターンで3回目以降のバトル中』などの、『バトル』とはいつからいつまでですか?
    A. アタックするユニットを選んだタイミングから、クローズステップ開始時(ダメージを与えたり、リアガードやガーディアンを退却させた後)までが、1回のバトルです。

収録情報 節を編集

ブースターパック竜騎激突BT09/028 R イラスト/樹人正義と規律と誇り、それがトライデントの意味である。