士官候補生(しかんこうほせい) キリル/Officer Cadet, Cyril》 節を編集

ノーマルユニット 〈0〉 (ブースト)
アクアフォース - アクアロイド パワー5000 / シールド10000 / ☆1
【自】:先駆(同じクランのユニットにライドされた時、(R)にコールできる)
【自】【(R)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【ソウルブラスト】(1)] このユニットがアタックした時、そのターンで3回目以降のバトル中なら、コストを払ってよい。払ったら、そのバトル中、このユニットのパワー+10000。

 風華天翔で収録されたグレード0のアクアフォース

 ジェネレーションブレイク(1)は《ハイタイド・スナイパー》と同一のもの。
 このカード先駆を持っていることから序盤に確保がしやすい。

 《斬波刀の水将 マックス》《ホイール・アサルト》等の複数枚のリアガードの位置を交換する能力を併用することで、序盤はブーストに使いつつ、ジェネレーションブレイク(1)が有効になった段階で前列に置くといったコンボが狙える。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「サヴァス」隊の一員にして、ロストナンバーである第619世代のアクアロイド。 表向きは620世代とされている。
トップクラスの成績で訓練メニューをこなす、同世代最高の一品と名高い候補生。
仲間たちと積極的に関わる事も無く、何に対しても言われた通りにこなす機械のような少年だが、
武器と海馬(ケルピー)の選定の時だけは、目を輝かせて誰よりもこだわっていたという、子供らしいエピソードもある。

同じ失われた数字の世代として、サヴァスに何か奇妙な親近感を感じるようで、いつも一定の間隔を開けて跡をつけている。
目標であるサヴァスはもちろん、船内の誰にも見つからないように尾行する――実際の偵察任務でも
通用するだろう見事なスキルだが、本来の目的である「親近感の正体」未だにはわからず仕舞いである。

真面目な彼が上官相手に直接聞く可能性は無いに等しい。 今後もこの不毛な尾行は続くのだろう。
なお、サヴァスがこれに気付いているかは謎である。

FAQ 節を編集

  • Q1155 (2015-02-19)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1164 (2015-02-19)
    Q. そのターンで3回目以降のバトル中や4回目以降のバトル中とは、3回目や4回目のバトル中も含まれますか?
    A. はい、含まれます。3回目以降であれば3回目、4回目以降であれば4回目のバトルも含まれます。

収録情報 節を編集

ブースターパック風華天翔G-BT02/078 C イラスト/ぴよいつか、きっと。 彼の思いは形になる。