《ネイブルゲイザー・ドラゴン/Navalgazer Dragon》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー10000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【リミットブレイク】(4)(あなたのダメージが4枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(2)] そのターン中、このユニットのパワー+3000し、【自】(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、そのターンで3回目以降のバトル中なら、あなたの《アクアフォース》のリアガードを2枚まで選び、【スタンド】する。』を得る。
【自】【(V)】:このユニットがアタックした時、そのターンで3回目以降のバトル中なら、そのバトル中、このユニットのパワー+3000。

 海皇の末裔で収録されたグレード3のアクアフォース

 リミットブレイクは、カウンターブラスト(2)でパワー+3000と『ヴァンガードヒットした時にそのターンで3回目のバトル中ならアクアフォースリアガードを2枚までスタンドする自動能力』を得る起動能力

 リミットブレイクによる制限を除けば、《アンバー・ドラゴン “蝕”》と同じ『ヴァンガードヒットした時に誘発する自動能力』を得る起動能力である。
 このカードの場合は3回目のバトルを達成しておけば、元々持っている自動能力でさらにパワー+3000を得られるので、相手に要求できるシールド量は非常に多い。
 ブースト《戦場の歌姫 ドロテア》を活用すれば必然的に全ての要件が満たされてパワー26000ラインとなり、正規のガードをかなり難しくさせる。
 その分、誘発に成功した時の効果自体はさほど大きなものではないが、ガードされてもされなくても相手の消費シールドを増やす結果に繋がる。

 その性質故に、高パワーを無効化され、トリガー効果も無駄にさせられやすい完全ガード効果とは目立って相性が悪い。
 《ストームライダー ディアマンテス》などを併用すれば、より確実に4回目のバトルを残すことができるのでトリガー効果の無駄は回避しやすくなる。

 《蒼嵐竜 メイルストローム》《ハイドロハリケーン・ドラゴン》と比べると爆発力で見劣りするが、このカードは3回目のバトルでも要件を満たせるため、小回りが利くのが大きな強みである。
 《タイダル・アサルト》《マグナム・アサルト》スタンド状態で残しておけばドライブチェックで得たトリガー効果を無駄にすることは少なくなる。

  • 3DS版「ライド トゥ ビクトリー」では、スイコが、このカードを中心にしたデッキを使用する。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

太古の時代、「正義」の名の下に惑星中の全海域を総べた最強の海軍“アクアフォース”の水竜戦士。 階級は中佐にあたり、頑強な肉体と高い指揮能力、加えて部下からの厚い信頼と、部隊指揮官として申し分の無い実力を誇る。 その当時のポテンシャルを現代でも如何なく発揮し、封印解放直後の初陣においては彼の大隊が最も高い戦果を挙げた。 今、海竜槍「ヴァスト・トライデント」が煌めく碧光を放つ。 海を抜け天をも貫くその光は、「正義」という支配者の帰還を星の彼方まで知らしめた。

FAQ 節を編集

  • Q254 (2012-08-10)
    Q. そのターンで3回目以降のバトル中や4回目以降のバトル中とは、3回目や4回目のバトル中も含まれますか?
    A. はい、含まれます。3回目以降であれば3回目、4回目以降であれば4回目のバトルも含まれます。
  • Q255 (2012-08-10)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q256 (2012-08-10)
    Q. 同じターンで、このユニットの起動能力を2回使いました。このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、自分のリアガードを4枚スタンドさせることはできますか?
    A. はい、できます。コストを2回支払った場合、『【自】【(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、そのターンで3回目以降のバトル中なら、あなたの《アクアフォース》のリアガードを2枚まで選び、【スタンド】する。』という能力を2つ持つからです。
  • Q258 (2012-08-10)
    Q. 『そのターンで3回目以降のバトル中』などの、『バトル』とはいつからいつまでですか?
    A. アタックするユニットを選んだタイミングから、クローズステップ開始時(ダメージを与えたり、リアガードやガーディアンを退却させた後)までが、1回のバトルです。

収録情報 節を編集

トライアルデッキ海皇の末裔TD07/001 イラスト/安達洋介大海をも沸騰させる、碧き龍の嘆きを聴け!