《インペリアル・ドーター/Imperial Daughter》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
オラクルシンクタンク - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【永】【(V)/(R)】:拘束(このユニットはアタックできない。)
【起】【(V)/(R)】:[【カウンターブラスト】(1),他のあなたの《オラクルシンクタンク》のリアガードを1枚選び、ソウルに置く] そのターン中、このユニットは『拘束』を失う。
【永】【(V)】:あなたのターン中、あなたのリアガードがいないなら、このユニットのパワー+10000/クリティカル+1し、『拘束』を失う。

 コミックスタイルvol.1で収録されたグレード3のオラクルシンクタンク

 拘束持ちであり、それを失わせるためにはカウンターブラスト(1)とリアガード1枚と重いコストを要する起動能力プレイする必要がある。
 リアガードがいなければ起動能力を使用する必要はなく、加えてパワークリティカルを得ることができる。
 序盤ならリアガードを展開せず、自動的に拘束失わせつつこのカードを強化すれば、単体で十分な活躍を見せてくれるだろう。
 後はドロードライブチェック等で他のグレード3のカード手札に確保しておけばよい。

 リアガードサークル上ではコストを払って拘束を失わせるするしかなく、ともすれば邪魔者になってしまうおそれもある。
 どうしても前列が欲しいのでなければコールせずに他の能力コストに充てた方が有意義だろう。

 継続的に起動能力を使用して拘束を失わせ続ける負担は大きく、リアガードがいない状態でアタックしてもガードするには2枚、多くても3枚のガーディアンを消費するだけで済んでしまうので、ダメージを与えられず相手手札も減らすことができない。

 拘束を失わせる起動能力コストの重さを考慮すると、このカードを主軸に据えて最後まで戦うのは少々厳しい。
 クリティカル上昇が無駄になりがちな後半では、ノーマル超越を中心とした戦法に切り替えていけば、拘束も多少気になりにくくすることはできる。

 《花占いの女神 サクヤ》リアガードサークルを空にできる能力を持っているので、タイムラグの問題に目を瞑ればそこそこ相性が良い。

 混合クランデッキならば、アタックして即座にフィールドを離れられる《ハイスピード・ブラッキー》《ジャガーノート・マキシマム》、それらをブーストしてフィールドを離れられる《ダッドリー・ファントム》を使って少しでも手数を確保したい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

聖域ユナイテッドサンクチュアリの皇女の一人。
国と民のことを第一に考え、皆を守るためならば自らを犠牲にすることも厭わない。
比類のない天才的な頭脳の持ち主でもあり、その才を見抜いたアマテラス直々の誘いを受け、現在はオラクルシンクタンクに滞留している。

  • 「インペリアル・ドーター(imperial daughter)」を直訳すると「帝国の娘」、意訳して設定にもあるように「皇女」となる。

FAQ 節を編集

  • Q65 (2011-12-03)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか?
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q139 (2011-12-03)
    Q. [ ]の中の行動の内、片方だけ行えば能力を使えますか?
    A. いいえ、使えません。コストは[ ]の中に書かれた行動をすべて行わないと支払えません。
  • Q573 (2013-08-29)
    Q. このユニットの起動能力は何度でも使えますか??
    A. はい。コストを払える限り、メインフェイズ中に何回でも発動できます。
  • Q580 (2013-08-29)
    Q. 自分のターンにリアガードがいない状態から、リアガードを1枚コールしました。このユニットは再び『拘束』を得ますか?
    A. はい。3番目の【永】能力の条件を満たさなくなったため、再び『拘束』を得ます。

収録情報 節を編集

エクストラブースターコミックスタイルvol.1EB01/006 RR イラスト/伊藤彰未来を守るため……皇女はただ1人前線に立つ。
エクストラブースター神秘の預言者EB07/008 R イラスト/伊藤彰皇女の真の姿を、臣下の者は誰も知らない。