《インペリアル・ドーター》 (プロテクト) 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (プロテクト)
オラクルシンクタンク - ヒューマン パワー12000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:登場時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、あなたの山札から2枚見て、1枚を手札に加え、1枚をソウルか山札の上に置き、さらにグレード3にライドした時、そのターン中、このユニットのパワー+15000/クリティカル+1。
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【ソウルブラスト】(1)]することで、そのターン中、あなたのユニット1枚のパワー+6000。

 結成!チームQ4で収録されるグレード3のオラクルシンクタンク

 ヴァンガードサークル登場した時にカウンターブラスト(1)で、山札の上から2枚見て、1枚を手札に加え、1枚をソウル山札の上に置き、グレード3からライドしたなら、パワー+15000/クリティカル+1を得る自動能力、1ターンに1回、ソウルブラスト(1)で、ユニット1枚にパワー+6000を与える起動能力を持つ。

 1つ目の能力では、デッキトップ2枚のうち1枚を手札に加えられるので質の良い疑似ドローを行いつつ、1枚をデッキトップソウルに置く事ができる。
 トリガーユニットデッキトップへ置くことでトリガー効果を確実に得る下準備を行える。
 2枚ともそれ以外なら片方をソウルに置く事が基本となるが、デッキトップカードを置いて他のドロー手札に加えるカードを確定させるのも良いだろう。

 さらに、グレード3のユニットライドして登場していた場合には、追加効果パワー+15000/クリティカル+1を得られる。
 再ライドが前提となるが、《ヴィクトリアス・ディアー》を扱う【オラクルシンクタンク】では1:1交換で手札守護者を加えつつソウルグレード3のカードの枚数を増やせる再ライドはさほど苦にならないので都合が良い。

 その他のカードとの組み合わせでは、登場したタイミングで手札の増加とデッキトップの操作を行える手段であるということでノーマル超越とも組み合わせられる。

 2つ目の能力は低コストで使えるパワーの増加手段。
 序盤に《ラック・バード》(Vシリーズ)の多用する等してソウルが尽きていても、ライド自動能力ソウルが2枚を増やせるので2回程度の利用は狙える。
 パワーの低い縦列での要求シールド値の確保や自身の強化等、用途も広く優秀といえる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック結成!チームQ4V-BT01/002VR デザイン:伊藤彰 イラスト:HMK84満を持して。皇女は決戦の舞台に赴く。
V-BT01/SV02SVR デザイン:伊藤彰 イラスト:HMK84(※なし)