【ユースベルク】 [編集]

デッキの概要 [編集]

墜ちろ、何処までも…

 「ユース」・「ユースベルク」を軸にしつつ、【レヴォルドレス】で勝利を求めるデッキ。
 【レヴォルドレス】を活かし、様々な「反抗黎騎」に姿を変え、四回攻撃を展開できるのが魅力である。

ライドデッキ [編集]

 G0:《背中追う少年 ユース》 G1:《駈出す決意 ユース》
 G2:《烈光の騎士 ユース》 G3:‎《ユースベルク“破天黎騎”》
 ‎《ユースベルク“破天黎騎”》以外はいずれもTD狐芝ライカ -破天執行-で収録されているので揃えやすい。
 ペルソナライドの安定度を少しでも高めたいのであれば、G3を‎《ユースベルク“天墜黎騎”》に変更して残りのメインデッキ‎《ユースベルク“破天黎騎”》を1枚追加で入れると良い。

残りのメインデッキの候補 [編集]

 TDと鳳竜焔舞を中心に数枚を選出。

G3 [編集]

・‎‎《ユースベルク“天墜黎騎”》
 G3が(V)に登場したターン中、パワー+5000。
 《破断の騎士 シュナイゼル》‎で手札に加えられるリアガード要員。
 1枚目をライドデッキに入れている場合は永続能力が機能し、5枚目以降の‎《ユースベルク“破天黎騎”》としてペルソナライド札になる、
・‎《ユースベルク“反抗黎騎・紅蓮”》‎
 【レヴォルドレス】登場時、無条件でパワー+15000による単騎28000。
 ターン中、ペルソナライドしていたなら、クリティカル+1。
 高火力を活かしたプレッシャーを相手に与えることができる。
・‎《ユースベルク“反抗黎騎・疾風”》‎
 【レヴォルドレス】登場時、能力上昇値なし。
 相手ヴァンガードがG3以上なら、手札1枚を捨てることで パワー+10000/ドライブ+1を得る。
 条件をクリアできない時は、4回攻撃目的で【レヴォルドレス】。

G2 [編集]

《破断の騎士 シュナイゼル》‎
 登場時、CB①でデッキトップ5枚から、G3「ユースベルク」を1枚選び手札に加えられる。同時にこのユニットのパワーを+5000。
 攻撃時、ペルソナライド・【レヴォルドレス】をしてるなら、ヴァンガードのパワーを+5000してくれる。
 サーチ・パンプと「ユースベルク」デッキには必須級の1枚

《烈破の騎士 フリーデ》‎
 「ユース」を含むヴァンガードがいるなら、シールド+5000。
 「ユース」参照の為、G2から活躍する防御系ユニット。

G1 [編集]

《パラディウムジール・ドラゴン》‎
 守護者。手札が1枚なら単体で完全ガードをしてくれる。

《イニュクリエイト・エンジェル》‎
 ペルソナライド・【レヴォルドレス】に反応し、CC①とヴァンガード1枚のパワーをターン中+5000する。

《ペインキラー・エンジェル》
 ブースト後、SB①と自身の退却で1枚ドローできる。
 【レヴォルドレス】後、ソウルに行く「反抗黎騎」をコストにしつつ、手札を補充できる。

G0 [編集]

《栄典の光竜神 アマルティノア》
 ケテルサンクチュアリのオーバートリガー

《インヴィガレイト・セージ》‎
 対連パンヒールトリガー。各種能力でスタンドするユニットが増えている傾向があるので。
 常時、15000でガードができるわけではないので、やや安定性に欠ける。

・クリティカルトリガーは《加護の魔法 プロロビ》‎。フロントトリガーは《天音の楽士 アルパック》。
 一転突破か全体強化を重視するかで、枚数は変動するので使用者次第で調整を。

・ドロートリガーは各カードがサーチやデッキ掘り能力があるので0枚を想定。

デッキの弱点 [編集]

【レヴォルドレス】にかなり依存するデッキの為、これらが引けないとかなり苦しい。
引き過ぎると「バニラG3と変わらない」「シールドにできない」など腐り易い点もある。
そういった場合は「守護者」やライドデッキのコストにしてしまうなど戦況の見極めも必要。

他のデッキ(おおよそ同じクランの)との相対的評価 [編集]

 【(R)】としてG3を多めに採用し、全体パワーの高さと各ユニットの能力を合わせた「バスティオン」と比較すると、
 【(V)】としてG3を数枚採用にし、「ユースベルク」を強化し抜くことに特化している。
 「【(V)】で2回攻撃」「ガードを要求できる」に加え、サポートのカードも優秀でデッキ圧縮が行いやすいのもポイント。