忍妖頭領(にんようとうりょう) ヌラ・ヒョウガ》 [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (アクセル)
むらくも - ゴースト パワー12000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】:【コスト】[【カウンターブラスト】(1)]することで、あなたの山札の上から5枚見て、「忍妖」を含むカードを1枚まで選び、(R)にコールし、山札をシャッフルする。その後、相手のヴァンガードがグレード3以上なら、「忍妖」を含むあなたのリアガード2種類につき、そのターン中、このユニットのドライブ+1。
【自】【(V)】:あなたのドライブチェックでユニットカードが出た時、それが「忍妖」を含むノーマルユニットなら、(R)にコールし、そのターン中、そのユニットのパワー+10000。違うなら、ドロップに置く。(この効果は強制)

 Vクランコレクション Vol.1で収録されるグレード3のむらくも

 起動能力は、手札を減らさず気軽にリアガードを増やすことができ、リアガードの種類に応じてドライブチェックの回数を増やすことが可能。

 この能力によってスペリオルコールされたリアガードから、新たにリアガードを増やすよう展開していくのが理想か。

 後半の効果は、同名カードを参照することの多いむらくもには珍しい、カードの種類を参照する効果。
 カード名の異なるユニットを並べていくごとにこのユニットのドライブも増加させることができるので、後述の自動能力に繋げることが可能。
 
 異なる種類のリアガードを並べることは簡単そうに見えるが、その分手札を消費しやすく、リアガードの能力によってスペリオルコールしたとしても、それが同名カードであれば、ドライブの増加が難しくなる。
 それらを踏まえて、このユニットを軸にしたデッキ構築を行いたい。
 
 自動能力は、山札にある「忍妖?」を含むノーマルユニットすべてに《忍妖 ヒャクメシャドウ》自動能力を付与させるようなもの。
 コールするのにコストを払う必要はないものの、名称が一致しなければ直接ドロップゾーンに置かれるため、結果的に手札が増えないようになっている。
 特にトリガーユニットが出た時には、トリガーアイコンが適用された後にドロップゾーンに置かれるので、相手のアタックをガードすることが厳しくなる。

関連カード [編集]

  • 忍妖?

ユニット設定 [編集]

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

スペシャルシリーズVクランコレクション Vol.1D-VS01/029 RRR 2021 イラスト/士基軽太往こうじゃないか。「百鬼夜行(ボクたち)」に相応しい戦場へ。
D-VS01/SP05 SP 2021 イラスト/士基軽太なし