蒼波水将(そうはすいしょう) フォイヴォス/Blue Wave Marine General, Foivos》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
アクアフォース - アクアロイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(R)】連波-3回目のみ(各ターンの指定されたバトルで有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたのカード名に「蒼波」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのパワー+2000し、そのバトルの終了時、このユニットを【スタンド】する。

 連波の指揮官で収録されたグレード2のアクアフォース

 ヴァンガードアタックした時に「蒼波」のヴァンガードがいるならカウンターブラスト(1)でパワー+2000を得て、そのバトルの終了時にスタンドする連波-3回目のみの自動能力を持つ。

 3回目のバトルでしか有効にならない連波という厳しい制限つきだが、《蒼波帥竜 テトラボイル・ドラゴン》《蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン》が得る自動能力の補助としては強力。
 《マグナム・アサルト》と違ってブーストが不要である他、スタンドバトルの終了時の時限誘発であるが、パワーは即時に得られるのでスタンドする前からその恩恵を受けられる。

 反面、カウンターブラストをそれなりに利用する【蒼波】ではコストの枯渇が懸念される。
 そういう意味では《蒼波竜 アンガーボイル・ドラゴン》《嵐を統べる者 コマンダー・サヴァス》と合わせた方が使いやすい。

 また、《タイダル・アサルト》《マグナム・アサルト》と異なり、3回目のバトルでのみ有効となる連波という厳しい制限があることから採用する枚数は少な目になることも考えられる。
 実際《天羅水将 ランブロス》とは相性が悪く、他のバトル回数を稼ぐ能力併用が必須となっている。
 その点、《嵐を統べる者 コマンダー・サヴァス》能力パワー能力を与えれば単体パワー16000でのスタンドが可能となる。
 その上で後列に置くことで前列呪縛退却に対応できる。

 要件は「蒼波」のヴァンガードさえいれば満たされるので、3~4ターン目からでも使用できる。
 ただ、グレード2の「蒼波」のカードは、このカードだけなので実現させるのはそれなりに難しい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

「テトラドライブ・ドラゴン」、「アンガーボイル・ドラゴン」を長とする“アクアフォース”の部隊「蒼波(そうは)」。
蒼波はテトラドライブ率いる「第一重装砲撃隊」と、アンガーボイル率いる「第二先行突撃隊」で構成されている。

「フォイヴォス」は第二先行突撃隊に所属する、第501世代のアクアロイド。階級は少尉。
部隊長に負けず劣らず血気盛んな男であり、いの一番に敵陣に飛び込むことこそ、軍人の誉と考えている。

こういった性分のために生傷が絶えないが、本人はその傷を男の勲章として残しておくことを望んでいる。
さすがに片手足を失くして帰還した時は、戦闘に支障が出るからと魔法による完全治療を渋々了承。
その際、一時とはいえ手足を失ったことよりも、古傷が完治してしまったことを何よりも悔やんでいた。

今では治癒魔法に耐性がついてしまい、命に関わる深手を負った際は救命ポッドなどによる地道な治療を
余儀なくされているそうだが、これほどの目にあっても己の美学を変える気は毛ほども無いと豪語。
執念とも言えるそのこだわりには、他の将兵たちも呆れを通り越して感服しているという。

FAQ 節を編集

  • Q1654 (2015-10-22)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1677 (2015-10-22)
    Q. 連波(ウェーブ)とは何ですか?
    A. そのターン中に発生したバトルの回数を参照して発動する能力です。例えば「3回目のみ」はそのターン中3回目のバトル中であれば発動し、「4回目以降」であれば4回目のバトルも含めてそれ以降のバトルであれば発動します。

収録情報 節を編集

クランブースター連波の指揮官G-CB02/007 RR イラスト/山﨑奈苗おらぁっ、もう一発喰らっとけや!