蒼波帥竜(そうはすいりゅう) テトラボイル・ドラゴン/Blue Wave Marshal Dragon, Tetra-boil Dragon》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
アクアフォース - ティアードラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】【Gブレイク】(2):[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏の「蒼波帥竜 テトラボイル・ドラゴン」を1枚選び、表にする] このユニットがヴァンガードにアタックした時、あなたの「蒼波」を含むハーツカードがあるなら、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのドライブ-1し、【自】(V)】連波-4回目のみ:[あなたの手札から1枚選び、捨てる] あなたのリアガードがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、このユニットを【スタンド】する。』を得る。

 
 連波の指揮官で収録されたアクアフォースGユニット

 ヴァンガードアタックした時に「蒼波」のハーツカードがあるなら、カウンターブラスト(1)とGペルソナブラストドライブ-1と『ヴァンガードアタックしたバトルの終了時に手札1枚のドロップで自身をスタンドする自動能力』を得るジェネレーションブレイク(2)の自動能力を持つ。

 事前に他のGユニット超越またはコールしてジェネレーションブレイク(2)を有効にし、「蒼波」のカードハーツ化して要件を満たすといった具合に、能力を得るだけでも少なからず手間がかる。
 能力を得てしまえば、その能力によって《蒼波竜 テトラドライブ・ドラゴン》と同様に2:2交換のカード消費となるヴァンガードスタンドが行える。

 得られる能力には連波-4回目のみの制限があるので、予めこのカードに1〜3回目のバトルのいずれかを担当させることになる。
 《蒼波竜 アンガーボイル・ドラゴン》によって与えられる能力《蒼波水将 フォイヴォス》との兼ね合わせを考えるなら、このカードは2回目のバトルを担当することになる。

 スタンドに成功すれば《蒼波竜 ダガーマスター・ドラコキッド》によって与えられた2つの能力が有効な状態となり、1:2交換のアドバンテージクリティカル+1の恩恵を受けられるようになる。
 他にも《蒼波兵 ブルータル・トルーパー》でも1:2交換のドローが狙えるので積極的に組み合わせていきたい。

  • 超越時の台詞は「ジェネレーションゾーン、解放!」「風よ伝えろ、我が想い! 風よ導け、我が運命! ストライドジェネレーション! 《蒼波帥竜 テトラボイル・ドラゴン》!」
  • アタック時の台詞は「蒼き波よりいでし竜よ。 我が前に立つ者に、峻厳なる審判を下せ! アルティメット・エクスプロージョン!」
    得た自動能力によってスタンドした後は「アルティメット・レボリューション!」
  • 得た自動能力使用時の台詞は「4度目の風は荒ぶる波を起こし、竜を呼ぶ! ウェーブ(フォー)!」
    「受け継がれし魂こそ我が誇り、我が力! 蒼き波より再びいでよ! テトラボイル・ドラゴン!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • 他のカード名に「帥竜」を含むカードと異なり、このカードだけ「帥竜」の読み方が「すいりゅう」と本来読める読み方となっている。他のカードは「しりゅう」と読ませている。

FAQ 節を編集

  • Q1653 (2015-10-22)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1661 (2015-10-22)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1676 (2015-10-22)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q1677 (2015-10-22)
    Q. 連波(ウェーブ)とは何ですか?
    A. そのターン中に発生したバトルの回数を参照して発動する能力です。例えば「3回目のみ」はそのターン中3回目のバトル中であれば発動し、「4回目以降」であれば4回目のバトルも含めてそれ以降のバトルであれば発動します。
  • Q1678 (2015-10-22)
    Q. このユニットは「連波(ウェーブ)能力を持つユニット」として参照できますか?
    A. 「連波(ウェーブ)能力を得る」などの能力であれば、能力を得た後であれば参照できます。連波(ウェーブ)能力を得る前であったり、能力で参照しているだけであるなら、連波(ウェーブ)能力そのものは持っていないため参照できません。
  • Q3758 (2017-11-17)
    Q. []の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q3759 (2017-11-17)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3764 (2017-11-17)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q3765 (2017-11-17)
    Q. Gユニットが持つ【ジェネレーションブレイク】は、自分自身も表のカードの枚数に数えてよいのですか?
    A. はい、ヴァンガードサークルにいるGユニットも【ジェネレーションブレイク】の条件として数えられます。例えば【ジェネレーションブレイク】(3)であれば、Gゾーンの表のカード2枚に加え、ヴァンガードサークルに(表の)Gユニットがいれば合計3枚なので【ジェネレーションブレイク】(3)は満たしています。
  • Q3767 (2017-11-17)
    Q. 【ジェネレーションブレイク】で指定された枚数を満たすために、その能力自身のコストで表にする予定のカードも数えてよいのですか?
    A. いいえ、数えられません。この能力のコストの支払いは、Gゾーンとヴァンガードサークルに表のカードが合計で指定された枚数以上ないと支払うこと自体ができません。
  • Q3825 (2017-11-17)
    Q. 連波(ウェーブ)とは何ですか?
    A. そのターン中に発生したバトルの回数を参照して発動する能力です。例えば「3回目のみ」はそのターン中3回目のバトル中であれば発動し、「4回目以降」であれば4回目のバトルも含めてそれ以降のバトルであれば発動します。
  • Q3826 (2017-11-17)
    Q. このユニットは「連波(ウェーブ)能力を持つユニット」として参照できますか??
    A. 「連波(ウェーブ)能力を得る」などの能力であれば、能力を得た後であれば参照できます。連波(ウェーブ)能力を得る前であったり、能力で参照しているだけであるなら、連波(ウェーブ)能力そのものは持っていないため参照できません。

収録情報 節を編集

クランブースター連波の指揮官G-CB02/002 RRR イラスト/村上ヒサシこれが……これこそが闘志の激流(ストームドライバー)
G-CB02/S01 SP イラスト/村上ヒサシ(※なし)
ブースターパック究極超越G-BT13/Re:03 Re イラスト/村上ヒサシあり余る闘志が、激流となって戦場を襲う。