波濤帥将(はとうすいしょう) アレクサンドロス/Marshal General of Surging Seas, Alexandros》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
アクアフォース - アクアロイド パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】 - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】【(V)】連波-2~3回目(各ターンの指定されたバトルで有効):[【カウンターブラスト】(1),あなたのGゾーンから裏のカードを1枚選び、表にする] このユニットがアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを2枚選び、【スタンド】し、あなたのGゾーンの表のカード1枚につき、そのターン中、パワー+5000。

 究極超越で収録されたアクアフォースGユニット

 アタックしたバトルの終了時にカウンターブラスト(1)とGゾーンの裏のカード1枚を表にすることで、リアガード2枚をスタンドし、Gゾーンの表のカード1枚につき、パワー+5000を与える連波-2~3回目の自動能力を持つ。

 主に1~2回目のバトルに参加してレストしたリアガード単発効果スタンドし、さらに継続効果で追加のパワーを与えて追撃を狙いとするカードである。
 継続効果効果量はGゾーンの表のカードの枚数に応じて増え、Gゾーンに表のカードがない状態からなら1枚分の効果パワー+5000、Gゾーンの表のカードがある状態からなら2枚分以上の効果パワー+10000以上となり、性質が似ている《天羅水将 ランブロス》と同等以上の効率を常に発揮することができる。
 4回目のバトルスタンドすることができる《嵐の覇者 サヴァス》との相性にも優れており、3回目のバトルで1~3回目のいずれかのバトルに参加した《嵐の覇者 サヴァス》スタンドすることで効果の恩恵を4回目のバトルと5回目以降のバトルで二重に活かすことができる。
 連波能力を持つGユニットの中でも無理なく3回目のバトルを担当させることができるカードなので《双弾の水将 クレタス》の単体パワー13000でのスタンドにも繋げやすく、その後列ブースト役を目標にすればそちらにも関節的にパワー増加効果の恩恵を与えることができる。

 誘発タイミングがクローズステップ時に訪れる点からこのカードブーストしているリアガード目標にして関節的にこのカード自身のパワーを増やす用途には使えないものの、《怪神要塞 グライスフォート》《七星怪神 レリッシュレディ》等によるガードステップ中のレストに強い他、《覇天皇竜 アドバンスガード・ドラゴン》《ハルクロアー・ドラゴン》のコンボでスタンドする予定のリアガードガードステップ中に潰されてしまったとしても、他の、レストしているリアガードスタンドしたり、元々スタンドしているリアガードパワーを与えるといった対処がしやすい。

 また、コストではGゾーンの好きな裏のカードを表にできることからGデッキを圧迫せず入れられ、呪縛カードを処理が行えるGゾーンの表の《蒼波鎧将 ガルフィリア》を確保が行える等の利点があるが、同時にカウンターブラスト(1)が含まれているのでリソースの管理に注意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

  • 「波濤(はとう)」とは、大きな波の意。
  • 「アレクサンドロス(Alexandros)」とは、「人を守る者」を意味する古典ギリシャ語である。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック究極超越G-BT13/004 GR イラスト/伊藤未生クランを超え、時を超え、“惑星クレイ連合軍”此処に在り!