蒼波(そうは) 節を編集

概要 節を編集

 「蒼波」のカードとサポートを中心とした【アクアフォース】

 基本的な特性自体は他の【アクアフォース】と変わらないものの、フィニッシャーとなるヴァンガード自身がバトルフェイズ中のスタンド能力を有しており、それらの補助や連携が可能なカードが揃っているのが特徴。

 アクアフォースの象徴とも言えるバトル回数稼ぎが可能な直接的なサポートカード同士は、要件連波能力等での担当させたいバトルが競合する等微妙に噛み合わせが悪いのが難点なものの、ジェネレーションブレイク能力等のタイミングの制限自体はあまりなく、攻撃速度は【アクアフォース】の中でも随一であり、前述のヴァンガードスタンド能力持ちである事も相まって、その攻撃性は【アクアフォース】の中でもトップクラスと言える。

 また、ヴァンガードサークルにある「蒼波」のカードの存在や枚数を要求される事が多いものの、エスペシャルカウンターブラスト等の制約は【蒼嵐】程厳しくない為、デッキ構築の自由度が高めなのもポイントである。

 難点なのは直接的なサポートカードの多くが、強力なGユニットである《天羅水将 ランブロス》との噛み合わせが悪い事で、他の【アクアフォース】同様の弱点である、うまくアタッカーが引き当てられなかったり、相手ダメージチェックトリガーユニットを出た場合等、ゲームがもつれてしまった場合、リアガードパワー出力がそこまで高くない事も相まって強引な巻き返しが狙いにくいという点が挙げられる。
 妨害に対する耐性としては、呪縛に関しては左列右列の片方までなら受けても動きは止まらないものの、左列右列を封じられてしまうとどうしようもなく、退却系に至っては他の【アクアフォース】と同程度であり、その攻撃性能の高さに反して打たれ弱く脆い一面がある。

 総じて、如何に迅速に攻撃態勢を整え、序盤からのワンサイドゲームメイクができるかが、構築やプレイングの鍵となる。

構築について 節を編集

―キーカード

―Gユニット

―グレード3

―グレード2

―グレード1

―グレード0

―トリガーユニット

このデッキの弱点 節を編集

関連リンク 節を編集