戦場の歌姫(バトルセイレーン) アデライード/Battle Siren, Adelaide》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
アクアフォース - マーメイド パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):[【カウンターブラスト】(1),【ソウルブラスト】(1)] このユニットが(R)に登場した時、あなたのカード名に「サヴァス」を含むグレード3以上のヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、そのターン中、このユニットのパワー+2000し、【自】(R)【ターン1回】:このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、【スタンド】する。』を得る。

 連波の指揮官で収録されたグレード2のアクアフォース

 ジェネレーションブレイク(1)は、リアガードサークル登場した時に「サヴァス」を含むグレード3以上のヴァンガードがいるならカウンターブラスト(1)とソウルブラスト(1)で、パワー+2000と『1ターンに1回、ヴァンガードアタックしたバトルの終了時に自身をスタンドする自動能力』を得る自動能力

 端的に言えば、「サヴァス」専用の《マグナム・アサルト》の亜種といったところ。
 リアガードサークル登場した時の能力ということで使いきりになるうえ、ジェネレーションブレイクが有効化されてからコールする必要がある。
 更にソウルブラストがかかる分だけコストも重めと使い勝手は悪い。

 ただし、ブースト役のリアガードを用意しにくい【アクアフォース】では、ブースト用のリアガードが必要ない部分は大きな利点である。
 《マグナム・アサルト》で問題となっていたスタンドする前に比べてスタンドした後のパワーが低いという欠点がなく、《戦場の歌姫 スタシア》とも無理なく組み合わせることができる点も頼もしい。

 《嵐を統べる者 コマンダー・サヴァス》超越すれば、ハーツカードに関わらず使用できるので【サヴァス】でない【アクアフォース】で採用するのも手である。

  • 「カードファイト!! ヴァンガードG NEXT」でも引き続き使用している。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1653 (2015-10-22)
    Q. [ ]の中に書かれたのコストのうち、いずれかだけを支払えばいいのですか?
    A. いいえ、[ ]の中に書かれたコストをすべて支払う必要があります。また、一部のみを支払うこともできません。
  • Q1654 (2015-10-22)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1668 (2015-10-22)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1671 (2015-10-22)
    Q. 【ターン1回】の能力を複数持っているユニットは、そのどれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。各ターンにそれぞれの能力を1回ずつ使うことができます。

収録情報 節を編集

クランブースター連波の指揮官G-CB02/008 RR イラスト/まるえ銃声は、戦場に鳴り響くアンコール。