看破(かんぱ)忍鬼(にんき) ヤスイエ/Stealth Rogue of Revelation, Yasuie》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
むらくも - デーモン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(2):あなたのカードの効果で、あなたのリアガードが山札に置かれた時、山札からそのカードと同名のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、山札をシャッフルする。
【自】【(V)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを1枚選び、山札からそのユニットと同名のカードを2枚まで探し、別々の(R)にコールし、山札をシャッフルし、そのターンの終了時、この効果でコールされたユニットを山札の下に好きな順番で置く。

 覇道竜星で収録されたグレード3のむらくも

 ジェネレーションブレイク(2)は、1ターンに1回、効果リアガード山札に置かれた時に山札からそのカード同名のカードを1枚までスペリオルコールする自動能力

 1ターンに1回の制約はあるが、ターンの終了時の時限誘発スペリオルコールしたユニット山札に戻す類のスペリオルコール能力を1枚分のアドバンテージに変えることができる。
 インターセプト要員やその後にスペリオルコールを行う際に必要なリアガードを残しておくといった使い方ができる。

 通常、2枚目のGユニット超越またはコールを行ったターンエンドフェイズからジェネレーションブレイク(2)が有効になるので、自身のストライドスキル等のむらくもに多いターンの終了山札に戻る時限誘発付きのスペリオルコールを行うとターンの終了時の時限誘発誘発できるならそのターン中に誘発させることができる。

 ただし、誘発すれば強制的に効果が実行されるので、スペリオルコールできるのは最初に山札に置かれたカードのみであり、同時に必ず1回山札がシャッフルされてしまうので、デッキボトムに置かれていた必要となる同名のカードがランダムに置かれてしまうことが欠点となる場合もある。
 0枚探すことも選べるのでスペリオルコールをしないことはできるが、その場合でも能力は使えなくなる上に、シャッフルは回避できないので、戦術によっては注意が必要である。

 また、対応するのは効果山札に置かれた場合なので、《忍竜 オボロキーパー》等の様にコスト山札に戻した場合は適用されないので注意したい。

 混合クランデッキでは、バトルの終了時限誘発誘発させることができる《ハイスピード・ブラッキー》《マシンガン・グロリア》等を利用して疑似スタンドに繋げることができる。
 その他にも《リザードソルジャー ベイラー》等を再利用する等のコンボにも繋げられる。

 ストライドスキルは、カウンターブラスト(1)でリアガード1枚と同名カードを2枚までスペリオルコールし、ターンの終了時にスペリオルコールしたユニットデッキボトムに置く自動能力

 【むらくも】《忍獣 チャコールフォックス》《忍竜 オボロキーパー》の様に同名のリアガードを要求するカードが多いので、手軽にそれらの要件を満たすことができる。
 2枚スペリオルコールする場合は、選んだリアガード同名のカードが3枚以上となるのでブーストを持つカードスペリオルコールすることが基本となる。

 《伏魔忍鬼 カガミジシ》《伏魔忍竜 オニビブレーダー》能力と併用すれば、後列からアタックできるので、適当な前列向けのリアガード後列に置かれても支障が無いので相性が良い。
 《忍竜 ヤシャバヤシ》であれば、Gユニットの種類に依存することなく後列からアタックできるうえ、あわよくばこちらのコストで消費したリソースを確保できる可能性があるので積極的に併用したい。

 単純に《伏魔忍竜 ホムラレイダー》が要求する3枚の同名リアガードを確実に確保する用途にも利用できる。

 山札に戻る時限誘発付きなので直接アドバンテージを得ることはできないものの、ターンの終了時の時限誘発でこのカードの1つ目の能力誘発させることが可能なので、間接的にアドバンテージを得る起点にもなる。
 一応、《鎖鎌の忍鬼 オニフンドウ》等をスペリオルコールすれば時限誘発を無視してアドバンテージを稼ぐこともできる。

 ただ、効果の性質上相手ターンではリアガードの枚数が少なくなる他、退却等で処理される場合もあるのでGユニット超越した時にリアガードが残っておらず、スペリオルコールできなくなる可能性もある。
 その場合は、《淡雪化粧 シラユキ》《伏魔忍竜 オニビブレーダー》超越することで、リアガードが1枚も存在しない状態でも、手札山札からのスペリオルコールで対象を確保することができる。
 ただし、《淡雪化粧 シラユキ》の場合は追加で2枚をスペリオルコールしても1枚は前列に置けないので、受けられる恩恵が少ないので今一つである。

  • アニメ「カードファイト!! ヴァンガードG」では新田シンが使用するカード
  • 「ギアースクライシス編」、「ストライドゲート編」でも引き続き使用している。
  • ライドした時の台詞は「忍び、貫き、参らせよ!ライド!《看破の忍鬼 ヤスイエ》!」

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

諜報部隊“むらくも”の忍。恐るべき精神力の持ち主で、悪鬼を宿した妖刀に呪われた後、憑依した鬼の魂を無理矢理ねじ伏せて調伏し、鬼の姿と力のみを得た強者。「超越」の暴走によって現れた大妖「カガミジシ」を一刀の下に降した後、“むらくも”初の超越の使い手となり、はるか未来の彼方より「ホムラレイダー」を呼び出した。

  • カード名の「ヤスイエ」とは、富樫泰家の事である。詳しくは「ヤスイエ」を参照。
    • フレーバーテキストの「勧進帳聴聞の上は、疑いはあるべからず」は、歌舞伎の演目「勧進帳」での富樫の台詞である。
      • 「勧進帳」とは、僧侶などが「人々に寄付を求める際の目的が書かれた巻物」の事である。
      • ここでは「(関所越えの名目である)寄付を集める目的を聞かされた以上、(義経弁慶らに対する)疑いの余地はない」という意味。

FAQ 節を編集

  • Q1321 (2015-05-28)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1322 (2015-05-28)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q1328 (2015-05-28)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q1343 (2015-05-28)
    Q. 複数のリアガードが同時に山札に置かれた場合、その枚数分コールできるのですか?
    A. いいえ、できません。この能力は【ターン1回】なので、同時に置かれたリアガードのうち、いずれか1枚の分のみコールできます。
  • Q1344 (2015-05-28)
    Q. このユニットの能力でコールしたユニットが、そのターン中に、ドロップゾーンに置かれました。ターンの終了時に、ドロップゾーンに置かれたそのカードを山札の下に置きますか?
    A. いいえ、置きません。コールしたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、コールしたカードとは別のカードとして扱われます。
  • Q1345 (2015-05-28)
    Q. 複数のカード名を持っているカードを選んだ場合、探してくるカードはどうなりますか?
    A. 選んだカードが持っているカード名のうち、いずれか1つと同名であるカードを探してくることができます。
  • Q3030 (2017-02-02)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q3036 (2017-02-02)
    Q. 「○○時」に発動する能力は、一度にコストを2回払って2回使用することができますか?
    A. いいえ、できません。【自】の能力は『○○時』のタイミングに1回つき1回だけ発動します。コストも1回につき1回しか払えません。
  • Q3055 (2017-02-02)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。
  • Q3068 (2017-02-02)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q3129 (2017-02-02)
    Q. 複数のカード名を持っているカードを選んだ場合、探してくるカードはどうなりますか?
    A. 選んだカードが持っているカード名のうち、いずれか1つと同名であるカードを探してくることができます。
  • Q3130 (2017-02-02)
    Q. このユニットの能力でコールされたユニットが、そのターン中に、ドロップゾーンに置かれました。ターンの終了時に、ドロップゾーンに置かれたそのカードを山札の下に置きますか?
    A. いいえ、置きません。コールされたカードがフィールド以外の場所に移動した場合、コールされたカードとは別のカードとして扱われます。
  • Q3142 (2017-02-02)
    Q. 複数のリアガードが同時に山札に置かれた場合、その枚数分コールできるのですか?
    A. いいえ、できません。この能力は【ターン1回】なので、同時に置かれたリアガードのうち、いずれか1枚の分のみコールできます。

収録情報 節を編集

ブースターパック覇道竜星G-BT03/016 RR イラスト/増田幹生勧進帳聴聞の上は、疑いはあるべからず。
ブースターパック剣牙激闘G-BT10/S17 SP イラスト/増田幹生(※なし)