《ワイバーンストライク デカット》 節を編集

ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
かげろう - ウイングドラゴン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
【起】【(R)】:【コスト】[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く]ことで、あなたの「ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド」1枚選び、このターンにそのユニットがアタックしたバトルでは、相手は手札から(G)にコールする際、2枚以上でしかコールできない。

 The Heroic Evolutionで収録されるグレード2のかげろう

 自身をソウルに置くことで目標とした《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》(フォース)アタックしたバトル中、相手手札からガーディアンサークルコールする際は必ず2枚以上をコールしなければならない。

 相手は1枚単位でノーマルコールできなくなるので、1枚のコールで防げるシールド15000要求以下の場合でも手札2枚の消費、守護者コールされた場合ならコストも含めて3枚の消費を強いられることになる。

 《ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド》(フォース)は最大で2回スタンドする能力を持つので、下準備を整えておけばスタンド前とスタンド後、再スタンド後の計3回のバトルで利用が狙え、フォースによるパワーの増加やクリティカルの変更と組み合わせれば多大な手札の消費を強要できる。

 プレミアムスタンダードの場合、GユニットフォースⅡを併用することで、高パワークリティカル2に加えてドライブ3の両立でき、より手札の消費が狙いやすくなる。

 特に《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Purge”》ならば最大で5回のドライブチェック《覇天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード “The Ace”》ならスタンドで利用機会を稼ぎつつスタンド前後で2回ずつ合計4回のドライブチェックを行え、トリガーアイコン効果パワークリティカルの追加の上乗せが期待しやすく、《炎熱機竜 ズィーゲンブルク》でも同様の運用が可能。

 ただし、Gガーディアン等の手札以外からのコール手段で手札の温存が狙われる可能性が増えるのでその点には注意しておきたい。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

エクストラブースター救世の光 破滅の理V-EB07/011 RR イラスト:前河悠一終焉は、逃れることのできない運命(さだめ)なのだ。