《メッチャリーダー レイバード/Extreme Leader, Raybird》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
ノヴァグラップラー - バトロイド パワー11000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[【カウンターブラスト】(1)] このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、コストを払ってよい。払ったら、あなたのリアガードを1枚選び、【スタンド】し、そのターン中、パワー+5000。
【自】【(V)】:あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

 カードゲーマーVol.19で付属したグレード3のノヴァグラップラー

 ジェネレーションブレイク《メテオカイザー ビクト・テン》能力カウンターブラスト(1)が加わったもの。

 パワーコストの違いを踏まえると、Gユニットノーマル超越が行える状況なら《メテオカイザー ビクト・テン》超越してそちらの能力を利用した方がいいだろう。

 同じ効果を含む《メッチャバトラー ビクトール》ジェネレーションブレイクと比べると有効化の容易さは、手札の都合で2枚目以降のGユニットノーマル超越できない場合等の状況下では無視できない部分ではある。
 ただ、コストの有無に加えてタイミングが特に遅くなるヴァンガードサークル上でのみ有効となるジェネレーションブレイクの制限付きの能力ヴァンガードへのヒットを要求されるのは厳しい。
 さらに自身はパワーを得られないことから少なくともヴァンガードブーストを付けやすい状況が求められる。

 ストライドスキルヴァンガード1枚にパワー+5000を与えるというもの。

 このカードハーツ化にした時点でパワー26000以上であるGユニットにとっては、ブーストなしでシールド25000を要求出来るようになる程度の効果でしかない。

 ガード強要を行える《メテオカイザー ビクト・テン》や自身をスタンドする能力を得る《メテオカイザー バスタード》《メテオカイザー ビクトプラズマ》超越すれば多少有意義になる。
 コストを要するとはいえ確実にリアガードスタンドパワーの増加が狙える《メッチャバトラー ビクトール》のものと比べると劣っているのは否めず、総合的に遅れを取ってしまっている。

 ただ、《メテオカイザー ビクト・テン》《メテオカイザー バスタード》《メテオカイザー ビクトプラズマ》とのシナジー自体は良好。
 特に《メテオカイザー バスタード》《メテオカイザー ビクトプラズマ》とは性質の合致の他、《メッチャバトラー ビクトール》と比べてコスト競合を起こしにくいという利点もあるので、5枚目以降の《メッチャバトラー ビクトール》としてであれば十分な性能である。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

PRカードカードゲーマーVol.19PR/0265 イラスト/コガラツ魂の輝きは翼となり、拳に宿る。