暴慢(ぼうまん)騎士(きし) ギルヴァエース/Overbearing Knight, Gilvaese》 節を編集

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!)
シャドウパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
【起】【(V)】【ターン1回】【Gブレイク】(1)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが1枚以上で有効):[あなたのリアガードを2枚選び、退却させる] そのターン中、このユニットのパワー+5000し、【自】(V)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、相手のリアガードを2枚まで選び、退却させる。』を得る。
【自】【(V)】:あなたのターン中、あなたのGユニットが【超越】した時、あなたのヴァンガードを1枚選び、そのターン中、パワー+5000。

 討神魂撃で収録されたグレード3のシャドウパラディン

 ジェネレーションブレイク(1)は、1ターンに1回、リアガード2枚の退却パワー+5000と『ヴァンガードヒットした時に相手リアガードを2枚まで退却させる自動能力』を得る起動能力

 パワーガード強要を行える能力を得られるが、得られるパワーもやや中途半端な上に得た能力誘発に成功してようやく2:2交換が成立するといった性能となっている。

 Gユニット超越できるなら1:1交換とはいえ似たようなガード強要が行える上に要求シールド値の稼ぎやすさで上回る《暗黒騎士 エヴニシェン》リミットブレイクが有効であるならカウンターブラストはかかるが確実に2:2交換の退却が行える《シャドウブレイズ・ドラゴン》等の退却手段が存在している。
 ジェネレーションブレイク(2)が有効であれば同じコストで直接フィニッシュが狙える《覇道竜 クラレットソード・ドラゴン》がいるのが悩みどころ。

 ストライドスキルヴァンガード1枚にパワー+5000を与えるというもの。

 手軽に要求シールド値を引き上げられるが、《覇道黒竜 オーラガイザー・ドラゴン》《暗黒竜 ファントム・ブラスター “Diablo”》等と組み合わせる場合においては、退却コストの負担軽減要員として優秀な《新鋭の騎士 ダヴィド》等の調達が行える《覇道竜 クラレットソード・ドラゴン》の方が優秀となりやすい。
 《暗黒騎士 エヴニシェン》《暗黒騎士 グリム・リクルーター》等のガード強要が行えるGユニットと組み合わせたり、カウンターブラストを必要としていないという点を上手く活かしたいところ。

  • 「ギアースクライシス編」では第18話の「ユナイテッドサンクチュアリ支部・Gクエスト」にて、シオンの対戦相手が使用しているのが確認できる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

現在“シャドウパラディン”を牛耳る「クラレットソード・ドラゴン」に与する闇騎士。
聖域内のある貴族の家系に生まれた彼は、幼少の頃から剣の才能を見出され、英才教育を受けた。
家紋である薔薇をあしらった武具から「紅き薔薇のギルヴァエース」と呼ばれたが、
祖父を亡くし、一族の間で遺産に関する争いが絶えなくなった時期に、彼はその消息を絶った。

影の騎士団に入隊後は、黒魔術の研究と剣の修行を両立しながら力をつけた。
黒魔術を施した“髑髏薔薇(スカルローズ)”を装飾した武具を愛用し、今、その強さを持って部隊内の地位を上げつつある。
噂によれば、ある貴族の館を襲撃した武勲をクラレットソードに認められたらしい。
襲撃はほとんど彼一人の手で成され、返り血で染まった「紅い薔薇の鎧」で帰還したという。

FAQ 節を編集

  • Q1489 (2015-08-27)
    Q. 【ターン1回】の能力を持っているユニットが複数枚いる場合、どれか1つしか使えないのですか?
    A. いいえ、使えます。【ターン1回】の能力は、カードごとにそれぞれ各ターンに1回使うことができます。

収録情報 節を編集

ブースターパック討神魂撃G-BT04/029 R イラスト/安達洋介光栄に思え。お前を、我が糧としよう。