《お()けのべいる/Bale the Ghostie》 節を編集

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
グランブルー - ゴースト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【Gブレイク】(1):このユニットがドロップゾーンから(R)に登場した時、そのターン中、このユニットのパワー+2000。
【自】:[ドロップゾーンのこのカードを山札の下に置く] 各バトルフェイズ中、このユニットが(R)からドロップゾーンに置かれた時、あなたの「ナイトローゼ」を含むヴァンガードがいるなら、コストを払ってよい。払ったら、【カウンターチャージ】(1)。

 超極審判で収録されたグレード1のグランブルー

 ジェネレーションブレイク(1)は、ドロップゾーンからリアガードサークル登場した時にパワー+2000を得る自動能力

 使えるタイミングが遅く効果量もパワー+2000と、この能力だけでは誘発条件が共通する《甲板長 アルマン》《ソードマスター・ミミック》に見劣りしてしまう。
 基本的には「お化け」のノーマルユニットであることで《お化け大王 おばだいあ》に対応することや2つ目の能力の活用を前提とすることになる。
 誘発条件に関しては《お化け大王 おばだいあ》の他、「ナイトローゼ」のカード能力でも満たせるので、誘発は狙いやすい。

 2つ目の能力は、各バトルフェイズ中、リアガードサークルからドロップゾーンに置かれた時に「ナイトローゼ」のヴァンガードがいるなら自身をデッキボトムに置くことでカウンターチャージ(1)する自動能力

 要件で「ナイトローゼ」のヴァンガードが要求されるため汎用性は若干低めとなるが、1枚とはいえ山札を補充しつつ、カウンターチャージ(1)を行える。

 バトルフェイズ中にリアガードサークルからドロップゾーンに送りする必要があるため、《霧幻の海賊王 ナイトローゼ》《夜宴の大呪術師 ネグロリリー》等の能力を用いてユニットの重複処理コストを利用して退却させる必要がある。
 コストでは山札を1枚補充して僅かながらデッキアウトを遠ざけられるリターンがある一方で、デッキボトム送りにすることで再利用が難しくなるリスクもある。
 どうしても利用したい場合には、《お化け大王 おばだいあ》《抜け駆けするゾンビ》山札から直接ドロップゾーンに送る手段を用いるといいだろう。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットは今日のカードで紹介されていません

  • フレーバーテキストの「男前度が2000違うぜ!」というのは、一つ目の自動能力によるパワーの上昇値と掛けていると思われる。

FAQ 節を編集

該当するQ&Aはありません

収録情報 節を編集

ブースターパック超極審判G-BT08/090 C イラスト/獣道やっぱこっちだな! 男前度が2000違うぜ!