《お()大王(だいおう) おばだいあ/Ghostie Great King, Obadiah》 節を編集

Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
グランブルー - ゴースト パワー15000+ / シールドなし / ☆1
【超越】- ストライドステップ - [手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
【自】:このユニットが(V)に登場した時、山札から3枚まで探し、ドロップゾーンに置き、その山札をシャッフルし、この効果で亡霊能力を持つカードを2枚以上ドロップゾーンに置いたら、ドロップゾーンから「お化け」を含むノーマルユニットを1枚まで選び、このユニットと同じ縦列の(R)にコールする。

 刃華超克で収録されたグランブルーGユニット

 ヴァンガードサークル登場した時に山札から3枚をドロップゾーンに置き、この効果亡霊能力を持つカードを2枚以上ドロップゾーンに置いたら、ドロップゾーンから「お化け」のノーマルユニットを1枚まで自身と同じ縦列にスペリオルコールする自動能力を持つ。

 山札から3枚までをドロップゾーンに送れるという、非常に優れた下準備要員。
 追加でスペリオルコールも行えるが、「お化け」はさほど優れたリアガード要員がおらず、中央後列ではブースト役としての利点も《お化けのじょん》ガード強要ができる程度なので、基本的にはおまけの域を出ない。

 スペリオルコール要件を満たすことを前提としても、そもそも亡霊能力持ちはドロップゾーンに送りたいカードであることが多いのに加え、少なくとも1枚は自由にカードを選ぶことができるので、不自由はしにくい。
 また、亡霊能力を持つカード2枚と「お化け」のノーマルユニットの1枚の計3枚を山札からドロップゾーン送りにすればスペリオルコール要件の達成と対象の確保が確実にできるので、スペリオルコール自体を安定させるのは簡単である。
 《お化けのとみー兄弟》ならこのカードノーマル超越するためのコストドロップゾーン送りになりつつ、唯一パワー7000のブースト役として利用できるので特に相性が良く、《お化けのじょん》なら手札シールドの増加狙いのガード強要になる。

 ドロップゾーンに送るカード全てを《スケルトンの砲撃手》《海鳴りのバンシー》等のドロップゾーン送りにしておく意義のあるノーマルユニットにしておけば、山札ドロップゾーンの質を同時に高められる。
 これを応用すれば特定のカードの採用する枚数を大幅に減らすことができる。

 また、このカード能力解決した直後に《夜霧の吸血姫 ナイトローゼ》Gユニット超越した時の能力を処理すれば、山札からドロップゾーン経由で狙ったカードスペリオルコールするコンボに繋げられる。

関連カード 節を編集

ユニット設定 節を編集

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ 節を編集

  • Q1911 (2016-02-18)
    Q. すでにユニットが置かれているリアガードサークルにもコールできるのですか?
    A. はい、できます。その場合、もともと置かれていたユニットは退却します。
  • Q1912 (2016-02-18)
    Q. 山札からカードを探した時、山札に当てはまるカードや見つけたいカードがなかった場合はどうしますか?
    A. 何も探さない場合は、そのままシャッフル等その後に指示されている処理を実行してください。
  • Q1913 (2016-02-18)
    Q. Gゾーンの内容はいつ見てもよいのですか?
    A. はい。自身のGゾーンであれば、いつでもその内容を見ることができます。
  • Q1978 (2016-02-18)
    Q. このカードは亡霊能力を持つユニットですか?
    A. 「亡霊能力を得る」などであれば、能力を得た後は亡霊能力を持つユニットです。得る前であったり参照しているだけなら、亡霊能力そのものは持っていないため亡霊能力を持つユニットではありません。

収録情報 節を編集

ブースターパック刃華超克G-BT06/037 R イラスト/イシバシヨウスケとりっかとり~~~とっ!