《ドラゴンダンサー マルセル/Dragon Dancer, Marcel》 [編集]

ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
かげろう - ヒューマン パワー7000 / シールド5000 / ☆1
【自】【(V)/(R)】:竜炎(あなたの各アタックの開始時、リアガードが相手より多いなら、そのターン中、あなたのヴァンガードを竜炎状態にする)
【自】【(R)】【Gブレイク】(1):このユニットがブーストした時、あなたのヴァンガードが竜炎状態なら、そのバトル中、このユニットのパワー+2000し、【自】(R)】:あなたのユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、山札の上から5枚見て、竜炎能力を持つカードを1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、山札をシャッフルする。』を得る。

 勇輝剣爛で収録されたグレード1のかげろう

 2つ目の能力は、ブーストした時にヴァンガード竜炎状態ならパワー+2000と『ユニットアタックヴァンガードヒットした時にデッキトップ5枚から竜炎能力を持つカードを1枚まで手札に加える自動能力』を得るジェネレーションブレイク(1)の自動能力

 得られる能力によって、コスト無しで竜炎能力を持つカード手札に加える事ができるのは優秀だが、誘発条件デッキトップ5枚からという範囲の都合から確実性はあまり高くない。
 相手リアガードを減らす手段に長けたデッキであれば、ヴァンガード竜炎状態にするのは至って容易だが、アタックヴァンガードヒットさせるのは少々手間である。
 ガード強要力の高い《覇天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター “戴天”》等と別の縦列コールしたり、大幅にパワーを上げることができる《ドラゴンナイト タンナーズ》等をブーストすれば、十分に誘発は見込める。

 ブーストによってパワー+9000を与えることができるだけでもそこそこ優秀で、《ドラゴンナイト ジャバード》等をブーストすれば、パワー21000ラインを狙うことができる。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

帝国の二大柱軍がひとつ、“かげろう”に所属する竜の巫女。あらゆる竜の声を聞き分け、遠く離れた地にいる竜に自分の声を届けることができる「龍将の耳」。「マルセル」は、この特殊な力を受け継いぐ一族の見習い巫女である。年若い彼女が実戦への参加を許されている理由は、彼女が一族の中で最も強い力を発現させたため。その気になれば、百里以上離れた地の竜と会話することすらできる。にも関わらず、いまだに「見習い」と呼ばれれている理由は、人並み外れた彼女の集中力に身体がついていかないから――要するに制御ができないのである。なお、1度無茶な発動を行って以来、彼女のそばには必ず目付け役がつくようになった。気遣いに感謝している一方、窮屈でもある……年頃の女の子としては複雑な気持ちだろう。

FAQ [編集]

  • Q1567 (2016-05-26)
    Q. 一度竜炎状態になったあと、リアガードの枚数が増減し、相手より枚数が少なくなった場合、竜炎状態は解除されますか?
    A. いいえ、されません。そのターン中は竜炎状態は維持されます。
  • Q1597 (2016-05-26)
    Q. 竜炎能力を持つユニットは、ヴァンガードが竜炎状態になっていない時や、リアガードの枚数が相手より少ない状態でも「竜炎能力を持つユニット」ですか?
    A. はい。そうです。

収録情報 [編集]

ブースターパック勇輝剣爛G-BT07/067 C イラスト/齋藤タヶオ聞こえました、新しいドラゴンさんの声が!