《クラレットソード・ドラゴン》 [編集]

ノーマルユニット 〈3〉 (ツインドライブ!!) (フォース)
シャドウパラディン - アビスドラゴン パワー13000 / シールドなし / ☆1
【自】【(V)】:登場時、あなたの山札を上から3枚見て、グレード1を望む枚数ドロップゾーンに置き、山札をシャッフルする。ドロップゾーンに置かれたカード1枚につき、そのターン中、このユニットのパワー+10000。
【自】【(V)】【ターン1回】:アタックしたバトル終了時、【コスト】[【カウンターブラスト】(1),ドロップゾーンからグレード1を7枚バインドする]ことで、このユニットを【スタンド】し、そのターン中、ドライブ-1。

 Team 竜牙独尊!で収録されるグレード3のシャドウパラディン

 一つ目は、登場時、山札を上から3枚見て、グレード1を望む枚数ドロップゾーンに置き、山札をシャッフルする。ドロップゾーンに置かれたカード1枚につき、そのターン中、このユニットパワー+10000する自動能力

 1枚だけでも大幅にパワーを上げることができ、フォース・マーカーⅡ等と組み合わせることで相手に大ダメージを与えられる。
 3枚もドロップゾーンに置くことが可能なため、最大30000ものパワー上昇が見込めるが、グレード1が満足に落ちなければパワーラインが弱くなってしまうので、少々癖が強い。
 もっとも、ドロップゾーンに置かれたグレード1のカードは後半の能力コストに使えるため、基本的にはコスト確保として使った方がいい。

 2つ目は、アタックしたバトル終了時にカウンターブラスト(1)、加えてドロップゾーンからグレード1を7枚バインドすることで、自身をスタンドドライブ-1する自動能力

 スタンドに使うコストとしてドロップゾーンのカードを使用するため、ハードルは意外にも低く、フォース・マーカーⅡを使うことで、クリティカル2以上でのアタックを二度も実行することが可能。

 グレード1のカードはその大半が元々のシールド10000を持つカードで構成されているため、積極的にドロップゾーンに置かれることが多く、ドライブ1でスタンドして追撃するために再利用できる点を考慮しても十分な能力ではある。
 ただ、デッキに入れられるカードの種類が限られていることや、バインドするカード枚数が多めなため、ゲーム中1~2回程度しか発揮できないことも多い。

 シャドウパラディンは他にもリアガードコストとして発揮させる能力を持つものが多いので、基本的にそれらを組み合わせるようにしたい。

関連カード [編集]

ユニット設定 [編集]

このユニットの設定は今日のカードで紹介されていません

FAQ [編集]

該当するQ&Aはありません

収録情報 [編集]

エクストラブースターTeam 竜牙独尊!V-EB12/001 VR イラスト:戦場に血を染めて。彼の竜は英雄を称された。
V-EB12/SV01 SVR イラスト/なし
V-EB12/SSR01 SSR イラスト/なし